広島県廿日市市吉和 後冠山 (約1,300m)      


三角点に登らず樹林の中を植物を楽しみながらさまよい歩いた山登り

林道途中からの後冠山の展望



最近は植物目当ての山登りが続いており、山頂に立つことが少なくなってしまった。
吉和冠山には、これまでも四季折々と登っており周辺の登山道もほぼ紹介しつくした感もある。

今回は三角点に立つこともなく山を歩いたのだが、しいて言えば後冠山の山頂を通ったのでこの山登りのレポートとして書いてみた。ただ、周りキョロキョロののんびり山歩きだったので時間は全く参考にならないので記載しなかった。

今日のコースは、登山口の林道小川谷線の終点までは植物を楽しみながらのゆっくりペース。今の時期でも、途中結構色々な花が目を楽しませてくれた。

さっそく林道終点から、「熊に注意!」の看板を右に見て樹林の中に入る。沢の左岸に沿って遡上するのだが、まずは高く巻いてボーギノキビレ分岐までは登り道。ここを過ぎると沢に一旦下って石伝いに右岸に渡る。
水量は普段よりは少し少ない。ごろごろした岩の多い沢は清く澄んだ水が流れておりまるで別世界。

この時期は樹林の中は花が少ないのが常。モミジガサがわが天下とばかりにひしめいている。沢に沿って登っていくと周りが開けた落葉広葉樹林に出て、なかなかいい森林浴満点の雰囲気のところである。
沢から分かれるところに「中津川源流碑」があり、ここからヤマブドウの多い雑木の中にはいる。やがて杉の植林に変り、これを過ぎると冠山と寂地山・松ノ木峠の尾根を結ぶ登山道に合流。

左へ行けば冠山頂だが、今日はパスして右に道をとる。
いったん鞍部に下り、登り返すと松ノ木峠・寂地山の尾根道に出る。周辺は立派なブナ林が続いており、ここはまた右に曲がって寂地山方面に進む。
アップダウンを繰り返しながら北に。展望はないもののブナを中心とした落葉広葉樹林の中は深山を感じさせ気持ちが良い。

途中、後冠山が近くなると、右に踏跡があるのでこちらに道をとる。これが後冠山への道。
ちょっと分かりずらいがよく見るとそれとなく分かる。胸までの笹床の中の踏み跡は足元を確認しながら進むとよい。
一直線に山頂目がけて登っていくと少し広くなったピークらしきところに着くが、ここが山頂。三角点もなく案内板なども全くなく、これが山頂とは誰も思えないだろう。


・・・・・・・・・・
林道終点登山口 沢の右岸に沿って緩やかに登っていく
気持ちのよい沢沿いの道 周りが開けて落葉広葉樹林が広がる
左岸についた登山道 松ノ木峠から冠山への登山道と合流
寂地山への尾根道から右の踏み後に入り後冠山へ 後冠山への道はササに覆われている
後冠山山頂は何もない


ここからさらに北に進むとやや平坦なブナ林が広がっている。
しばらくでこの平坦なところが終わるが、その手前から左に向けて踏み跡らしきものがある。これが寂地山への尾根道登山道へのバイパスルートだ。昨年春は草木が刈られて分かり易かったが今は草木ものびてほとんど分からなくなってしまっている。歩く人も殆どなく刈っても無駄のようだ。

さっそく真っ直ぐ伸びた2本のブナの巨木の間を通ってこちらに進む。全く踏み跡は分からないが、先人がところどころにビニルひもをつけてくれているのでこれに注意しながら歩いたらよいだろう。

しばらく平坦なブナ林を行くと急に前方が開けて尾根道に出る。ちょうどアシウスギの群落地のところで、出口にもビニルひもが取り付けられていた。

ここからまた右に道をとって寂地山方面に進む。多くの人が通る寂地山へのメインルートなのでまず迷うようなことはない。
左手が少し開けて尾根の西側斜面のトラバース気味の道に変り、さらに進むと左に曲がりながら寂地山へと続いている。


後冠山山頂周辺のブナ林 後冠山山頂周辺のブナ林
・・・・・・・・・・
寂地山へのバイパス道分岐 と、言っても踏み後もなく、頼るはビニルひものみ
尾根道登山道に出たところはアシウスギ林の前 寂地山への尾根道




今日は植物を楽しみながらののんびり山歩きなので、見たいものも見たし適当なところで寂地山頂もパスしUターン、下山することにする。

往路で通った後冠山分岐まで戻り、再び後冠山を経由して広高山との鞍部であるボーギノキビレに下る。
山頂を過ぎてバイパス道に曲がる手前にボーギノキビレに下る踏み跡があるが、今の時期はちょっと分かり難いが注意したら分かるだろう。

急な坂道が続くので雨後だと滑り易いので要注意。
真ん中辺りまで下ると前方に広高山が木間から覗かれるくらいで、このルートは全く展望がない。

道が平坦になるとやがて鞍部のボーギノキビレ。ここを真っ直ぐ進むと広高山だが、右の谷側に下る道をとる。
後冠山の北東側斜面をトラバースしながら下って行くと、やがて往路で通った道に合流。登山口に向け左に進むと、しばらく下って林道終点に出る。



・・・・・・・・・・ 復路はバイパス道分岐まで往路を後冠山頂宇経由で・・・
寂地山への尾根道だが、この少し先でUターン
ボーギノキビレへの下山道分岐(ちょい分かり難い) 急坂なので前を見てもこんな感じ
ボーギノキビレ(真直ぐ広高山、ここは右に下る) ボーギノキビレからの下山道


 [コース&時間

 林道登山口(1,100m)
  ↓
 冠山分岐(1,250m)
  ↓
 松ノ木峠分岐(1,265m)
  ↓
 後冠山分岐(1,275m)
  ↓
 後冠山山頂(1,300m)
  ↓
 寂地山バイパス分岐(1,290m)
  ↓
 寂地山尾根合流(1,275m)
  ↓
 寂地山手前Uターン(1,300m)
  ↓0:10 後冠山経由
 尾根道バイパス合流(1,285m)
  ↓0:25
 ボーギノキビレ(1,175m)
  ↓0:17
  登山口(1,100m)

 (注)時間・標高は参考値
   所要時間は植物観察をしな 
   がらの時間のため参考にな
   らない箇所は記載せず。



山の
・・・・・・・・・・
コシオガマ ノコンギク
ムカゴイラクサ ジンジソウ
サンヨウブシ(タンナトリカブトとは明らかに葉は異なる)
シロヨメナ ガンクビソウ
道中、あちらこちらにパラパあるアケボリシュスラン
ミズタマソウ
ヤマトキホコリ ウワバミソウ
オオマルバノテンニンソウ
モミジガサ ヤマシャクヤク実
ジャコウソウ
ヤマハッカ ユキザサ実
ミゾソバ アキチョウジ