広島県広島市 三本木山 (486.3m) 
Part2

麓の緑化センターとペァーで楽しめる気軽に登れる山

北側から見た三本木山展望


広島市東区福田町の谷沿いに広がっているのが広島県緑化センター。この西側の尾根にそびえるのが三本木山である。
この緑化センターができる前は福田地区から藤ケ丸山を目指して登る途中にこの山を通っていたのを思い出す。昭和55年に緑化センターが開設されたのと合わせてこの山も身近な山となった。

今日はこの緑化センターの第二駐車場が出発点。緑化センターにはよく行っているもののこちらからこの山に登るのは久しぶりである。今日は観察会に同行させてもらって三本木山へ登った。
下りは緑化センターまで降りて昼食。その後園内の植物を観察して帰る。

〔駐車場から三本木山頂、緑化センター西ゲートへ〕
広大な緑化センター内はよく整備されて縦横無尽に道がある。第二駐車場から歩いて正面ゲート右手前から西ゲートに続いている西山作業道から取り付く。一般車は通行止めとなっているが広くて中々立派な道がつくられている。

自然のなかにつくっただけあって道の周りの植物はそのまま残されており植物を観察しながら歩くにはもってこいのところだ。
キブシの蕾がたくさん垂れ下がって春を待っている。今年はカナメモチも赤い実をたくさんつけて鳥に食べられることなく今も健在。

この道の途中から斜め右前方に登っている遊歩道があるのでこの山道を登る。雑木林のなかですぐに尾根道と合流するので右に道をとって尾根伝いに登って行く。あとは一本道なので迷うこともない。

アセビの白い花、ソヨゴの赤い実が目を引く。坂道を登ったところに東屋があるのでここで一休みできる。緑化センター側の木々は刈られて園内も一望でき眺めもなかなか良い。

ここから山頂には尾根伝いに行けばよい。岩の多い緩やかな登りが少しあるだけであとは平坦な道で気楽に歩ける。
大岩の横を通り過ぎると送電鉄塔があり、送電線を通すために尾根の両側の木々は刈られてここも眺めが良いところだ。今日は相憎ちょうど雪が降り始めて展望もあまり良くない。寒いのと相まって休まずに前に進む。

山頂手前から周りが雑木に囲まれるとすぐに山頂に到着。狭い山頂に三角点が鎮座している。

あまり眺めもないので早々に退散しユーターンして来た道を帰る。
時々雪がひどく降るが、下りではなんとかやんでくれそのまま尾根道を下って緑化センターの西ゲートまで到着する。

植物は例年に比べて開花も遅く花は少なかったがクロバイの木が結構見られたのは興味深かった。


・・・・・・・・・・
第二PAを出て正門ゲート前を左の作業道へ 立派な作業道に沿って登る
途中から右側の登山道へ 尾根に出ると整備された登山道を登る
坂道を登ったところにある東屋 山頂までのなだらかな尾根道には岩が多い
所々で樹林の中を 送電鉄塔が尾根道を横断
三本木山山頂 尾根道は作業道と並行して下りセンターに下る


〔緑化センター内散策〕
緑化センター北端にある林道呉婆々宇線まで下ると、左手にある西ゲートから園内に入る。

ここからはよく通ったことのあるおなじみの場所。県木の森と第二苗畑を通ってきのこの森に下ると種々の桜が植栽されており、ちょうど十月桜が小さな花をたくさん咲かせていた。

管理事務所東側の道路沿いにはアセビとキブシ、アブラチャン、申し訳程度にアテツマンサクが花をつけている。何時もなら既に花を開いているアオモジも未だ蕾状態だ。例年だともっとたくさんの花が見られてよいのだが残念だが致し方ない。

次第に雪もひどくなり風も出てきたのでセンター池を渡ったすぐのところにあるレストハウスに避難しここで弁当を食べさせてもらう。

午後は緑化センターOBの方の案内で園内を散策。木本には特に弱い自分だが、分かり易い説明だったので少しはレベルアップしたのではないかと思うが・・・果たして?

雪のおまけつきの寒い一日であったが、気軽に登れて下山後はたくさんの植物を満喫できる緑化センターを絡めて楽しむことができた。
このような山登りもたまにはいいものである。


・・・・・・・・・・
緑化センター内は吹雪 正面ゲートを出て第二PAへ




 [ルート&タイム]

 緑化センター第二PA(20m)
  ↓0:40
 西山作業道分岐(110m)
  ↓1:00
 登山道分岐(200m)
  ↓0:40
 東屋(312m)
  ↓0:35

 大岩展望台(320.1m)
  ↓0:20
 三本木山山頂(486.3m)
  ↓0:04
 
 三本木山頂(312m)
  ↓0:35

 緑化センター西ゲート(320.1m)
  ↓0:20
 緑化センターレストハウス()
  ↓0:04
 緑化センター正面ゲート(280m)
  ↓0:50

 
緑化センター第二PA(20m)

 (注)標高・所要時間は概略参考 
   (今回は植物を見ながらの時間です〕

    


登山道の草・木の花・果実
・・・・・・・・・・
キブシ カナメモチ
キリ ソヨゴ
アセビ クロバイ
緑化センター内の草木の花
アブラチャン アオモジ
ツガ フッキソウ


もどる

2012. 1.22