広島県庄原市
道後山
 Part4
1,268.9m


午後から登って最後の下山者となってしまった久しぶりの草山

当日登った猫山登山道からの展望



午前中は猫山に登り下山したらまだ午後1時。せっかくここまで来たのに勿体ないので、先日岩樋山に登ったので道後山に登ってみることとする。
まだ若い頃初めてこの山に登った時には、岩樋山を合わせたこのなだらかな山には草原が広がって牛が放牧されていた記憶があるが、今もその名残りは色々なところで見られる。
一気に1.088mにある道後山登山口の月見ケ丘駐車場まで車で上って、まずは腹ごしらえをと昼食を済ませる。

登山口から湿地経由で道後山頂へ
お腹も落ち着いたところでさっそく月見ケ丘の登山口からいざ出発。
駐車場の登山口からは舗装も切れて山道らしくなるが、しばらくは樹林のなかの平坦な広い道が続く。小さな沢を渡って少し進むとやっと登りにかかる。午前中少々疲れたせいか足どりも重くスローペース。
登る人はほとんどおらず下山するいくつかのグループとすれ違う。挨拶をされると声をかけないと失礼なので口の方も忙しい。
ブナの木も所々で見られるようになりしばらくで前方が広がると休憩所の東屋に到着する。
南側が切り開かれて素晴らしい展望が開けているが、天気がいまひとつのため遠くがあまりはっきりと見えないのは残念である。それでも何とか左前方に猫山、白滝山。目を右に転じると福田頭から比婆山連峰などが広がっている。

展望を堪能し少し登ると右に道が分岐して三叉路に着く。真っ直ぐ行けば岩樋山、右に行けば岩樋山の東斜面をトラバースして直接道後山に登っている。
先日植物観察で岩樋山だけに登ったので、今日は時間のことも考えてこちらはパスし右のバスパスコースの道をとる。
緩やかな登りがつづくが、目ぼしい花も少なく黙々と歩いていると道後山・岩樋山の鞍部の三叉路に到着。左から岩樋山からの道が下って合流し道後山へと続いている。

ここは右に進み道後山への道をとる。前方にはまだ山頂手前のピークしか目に入らない。
周りは草原と変り、登山道沿いにはアカモノの赤い実やシラタマノキの白い実が見られ美しい。
少し進むと道が二分し、左は尾根道を山頂に、右は大池経由で山頂にと続いているが、花の多い右の大池コースを進むこととする。
この時期、カワラナデシコやコバギボウシ、チダケサシ、ワレモコウ、ノギラン、ヒヨドリバナ、サワヒヨドリ、シシウドなどはちょうど満開。ヤマブキショウマやイヨフウロウはすでに盛期を過ぎていた。

花を楽しみながら歩いていくと左側の大池の湿地では苔むしたなかにチダケサシやヒメシロネが丁度花を咲かせていた。モウセンゴケは花柄はのびて蕾はついているものの花には少し早いようだ。

さらにゆるやかに上っている道を進むとユウスゲが草原のあちこちで見られるようになると山頂は近い。左にターンしながら登り、ホソバノヤマハハコが周りに見られるようになるとやがて山頂に着く。
緩やかな傾斜の草原のササが切り開かれたなかに三角点が鎮座している。
ガスがかかってまわりの眺めは良くない。すでに時刻も遅いので人一人いない静かな山頂であった。


・・・・・・・・・・
登山口を入ると樹林内ノ整備された真っ直ぐな道が続く 上りにかかると狭い山道となる
前が開け展望の良い東屋に到着
東屋からの展望(左から猫山、白滝山、目を右に転じると福田頭、比婆山連峰など)
階段を登ったところが岩樋山と道後山へのバイパス道の三叉路 岩樋山をトラバースのバイハス道は緩やかな登り
バイパス道からの猫山展望 岩樋山と道後山鞍部の三叉路
大池ルートののチダケサシ群が美しい
ササ床の斜面に入ると山頂は目前 道後湯間山頂


道後山頂から下山
山頂近くのホソバノヤマハハコが群生している写真を撮って早々に下山開始。尾根道を一旦少し下って山頂南側のピークを越えると前方に岩樋山が現れる。
登山道周りのササは綺麗に刈ってあり道も広くて歩き易いが、尾根道は花が少ないのであまり面白味がないので足早になってしまう。
なだらかだった山道は下るにしたがって道が少し荒れて少し急坂となって右に左に曲がりながら下っていく。草原なので眺めは広がっており前方に岩樋山を見ながらの下山である。
鞍部まで下り、時間もないので往路をそのまま下山した。
登山口の駐車場にはあれだけあった車は自分の車一台のみであった。

上りにはあれだけ多くの人に出会ったのに、大池を登る頃から全く人に出会わなかった。このようなメジャーな山で日曜日というのに人影が全くないというのも異様な感じもしないでもなかったが、時間を考えると当然だったのだろう。


・・・・・・・・・・
山頂から尾根道を下山 下山道から山頂を振り返るとガスがかかってきた
小ピーク周辺 岩樋山を見ながら鞍部に下る



ルート&時間

 月見が丘PA(1088m)
  ↓0:40
 岩樋山・トラバース道分岐(1180m) 
  ↓0:25 (トラバース道)
 岩樋山、道後山鞍部(1210m)
  ↓0:15
 大池(1210m)
  ↓0:15 
 道後山山頂(1268.9m)
  ↓0:25 
 岩樋山・道後山鞍部(1230m)
  ↓0:45 (トラバース道)
 月見が丘PA(1088m)

 (注)時間・標高は参考
    植物観察しながらの時間 

    GPSのトラック記録を掲載



山の
ダイコンソウ イヌトウバナ
ヌスビトハギ ヒトツバヨモギ
・・・・・・・・・・
ウラジロハナヒリノキ イヨフウロ
シラタマノキ アカモノ
ワレモコウ ヤマブキショウマ
カワラナデシコ
コウゾリナ ノギラン
ヒヨドリバナ チダケサシ
シシウド ヒメシロネ
オトギリソウ ユウスゲ
ツリガネニンジン キバナカワラマツバ
ホソバノヤマハハコ シモツケソウ


2009. 8. 2