都会の中の原生林元宇品
H16.11.17




宇品灯台展望

広島市内の元宇品は元来離島であったものであるが陸続きとなり、旧陸軍の砲台などもあったため、あまり手が入らないまま戦後国立公園となったことにより豊かな植生がそのまま残っている貴重な場所である。

この原生林を歩いて見るとクスノキ・タブノキ・クロキ・ツブラジイ・ヤマモモ・カゴノキなどの高木や、シロダモ・ヤブツバキ・カクレミノ・エノキ・・・などのほかにも色々な種類の木々が見られる。
常緑樹が多いこともあって秋になった今でも林内は少し薄暗い感じがするが、街中とは思えない深い森の趣がある。
最南端の灯台前にあるクスノキは樹齢140年以上とか、この地の主の如く堂々たる巨木には圧倒される。

山を縦断している舗装道路や西海岸沿いに遊歩道もあるが、両者の間に自然の中の山道があり樹木の観察にももってこいの楽しい散策ができる。

・・・・・・・・・・
ちよっとあまり見ないホソバイヌビワ こちらはふつ〜のイヌビワ
これから黒く熟し先端に花柱が残るカクレミノ シロダモは花と実をつけている
木々に囲まれた気持ちのよい遊歩道
花をつけ始めてる?クロキ これから綺麗に裂開するマサキの実
サネカズラ(ビナンカズラ)の実は猛毒だよ この実は裂開すると毛のある種が飛んでいくテイカカズラ
クスノキの巨木、高さは27mとか
実とつぼみの付いているイズセンリョウ 台風でくたぶれた葉のナナミノキ
見栄えのするカゴノキの巨木 葉が赤褐色に色づき実をつけたヌマスギ
数少ない紅葉の木ヌルデ

早や冬も間近かとなり花は期待できない時期であるが海岸沿いの岩場に群生しているツワブキはちょうど見頃と美しい花を咲かせていた。
誰が持ってきたのか園芸種オギザリスの仲間が群生し美しい真っ白い花をつけていた。初めは何かと思ったが園芸種と分かりがっかり。人騒がせな・・・
目的のものもなんとか見られて、晴れた空のもと気持ちの良い一日であった。

山中のツワブキ 海岸岩場のツワブキ
ノコンギクの残り花 群生していた人騒がせな園芸種オギザリスレグネリ
遊歩道から見た海に浮かぶ似の島
 


-目次-