石ケ谷峡の秋を楽しむ
H17. 11.13




周辺の山々

最近あまり野外を出歩くことがなかったが、久しぶりに時間がとれたので紅葉を楽しみに湯来町の石ケ谷峡に行く。
予報では一日中晴れとのことであったが雲がかかって陽があたってくれず紅葉もいまひとつ冴えない。

石ケ谷峡入口近くの小丸子山森林公園駐車場に車を置いて沢沿いの遊歩道を進む。いつもなら車も通れる道なのだが今年の夏の台風による水害のためすぐに通行止め。なるほどこの先ではすっかり道はえぐり取られて歩くにも注意して通らねばならない。

すでに花の時期も終わり周りの木々は美しく紅葉。たくさんの木の実・草の実が目を楽しませてくれる。
沢の流れは清く澄んでたくさんの魚たちが泳いでいるのがよく見え、周辺は花崗岩の岩に囲まれ左右からたくさんの滝が流れ落ちている。

歩き始めてまだ人の臭いのするとこでは赤く熟れたヨドリジョウゴやクサイチゴに混じってナンバンハコベの黒い実が。
奥に進むにつれて周りの斜面も切り立って木々の間からは岩肌が覗くようになる。
コバノミツバツツジ・ダイセンミツバツツジ・ゲンカイツツジ・ウスギヨウラク・ベニドウダン・ホツツジなどツツジ科も種類が多い。特にホツツジは赤く紅葉してなかなか綺麗。
カマツカ・ウメモドキ・アオハダとよく似た赤い木の実が多く見られる。これに混じってヤブムラサキ・ムラサキシキブ・ソヨゴなどの赤一色の木の実が続く。
紅葉も赤いものが多く黄色はタカノツメとコウヤミズキなどと少ない。シラキは黄色と赤が混じって美しい。オカトラノオが真っ赤に紅葉していたがこんなに綺麗に紅葉するとはこれまで気づかなかった。

常緑の葉にコンペイトウのような実をつけているのはヤマグルマ。被子植物だが導管が十分発達しておらず裸子植物の構造があるという進化的に古いものであるようだ。
そしてもうひとつタラヨウがここで見られたのは興味深かった。

今日ゆいつの花はナメラダイモンジソウ。清流のほとりの岩に数株の残り花が咲いていた。
この渓谷も季節を変えて訪れて見るとまた色々な花も見られて楽しいかも知れない。

・・・・・・・・・・
ヒヨドリジョウゴ コバノミツバツツジの狂い咲き
比久ノ瀬滝
美味しく熟れたフユイチゴ ナンバンハコベ
ヤブコウジ シラキの紅葉とサルトリイバラの実
清流の沢 渓谷沿いの遊歩道
ソヨゴ ゲンカイツツジ
ガマズミ オカトラノオも紅葉するとこんなに綺麗
美しいホツツジの紅葉
周りの山 清い沢の流れ
カマツカ カマツカの実と紅葉
ムラサキシキブ ヤマシグレの紅葉
遊歩道と紅葉
ヤマグルマ 紅葉が綺麗なコウヤミズキ
ウスギヨウラクも紅葉すると美しい 唯一の花はナメラダイモンジソウ
遊歩道も水害ですっかり荒れている 舗装道路はこんなになって・・・
タラヨウ イタビカズラ
紅葉は盛りだが曇り空で冴えない
 


-目次-