島根中部の山散策
H17. 9.11




ヤマボウシ実

一日暇がもらえたので少し遠出して島根県中部の山を歩いて見た。
最初の山は既に秋の気配で樹林内の木々には赤や黒など色とりどりの木の実がたくさん見られる。
結構明るい登山道だが周りはササ床の二次林のよう。今の時期こんな山はあまり見るべき花も少なかったが気持ちの良い緑に囲まれて気分は爽快、早々に下山する。そして、さ〜て次の山へ・・・

少し車で移動し次の山の登山口の手前に車を停める。薄暗い谷筋に入るが普通の人はここを通って登る人はいないようなのでほとんど歩かれていないようだ。
しばらく民家や畑の跡と思われる雑木のなかを進んで植林の樹林帯にはいる。アケボノシュスランの群生が所々にあるがここではまだツボミは固く花にはまだ相当かかりそう。広島周辺ではとっくに咲いているのに・・・この辺りは大分遅いのか。
しばらく荒れた沢沿いを進むと薄紅色の花があちこちに目にはいる。昨日は雨だっただけに足下はあまり良いとは言えない。
モミジガサのやけに多いところで林床はシダで覆われている。一応見るものも見たのでそさくさと下山したがまた季節を変えて登って見たい山である。

まだ少し時間があったので、三瓶山まで行って見ようと曇り空のなか車を走らせて山麓に。
草原はすでに秋の花。草原の常連さんに加えてフシグロ・カセンソウ・コガンピなどもたくさんあって面白い。そして湿地にはエゾミソハギ・ヒメシロネ・ヒメミクリなどがやや遅い花盛り。
最後にメハジキを見ていたら雨がポツリポツリと落ちてきた。それでは今日はこれまでと一路広島に向けて帰宅の途についた。

ガマズミ実 タンナサワフタギ実
ヤマジノホトトギス ツリフネソウ
ここは何山?見たことある山
イヌホオズキ アキカラマツ
シダの林床の谷道
マツカゼソウ ミヤマウズラ
モミジガサ モミジガサの多い植林帯を登る
これも見たことのある山ですね
ハイメドハギ サワヒヨドリ
ヤマハギ コガンピ
ツルボ コウゾリナ
フシグロ カセンソウ
マツムシソウ オミナエシ
ヒメシロネ 白いエゾミソハギ
ヒメミクリ
クロバナヒキオコシ キツリフネ
カワラナデシコ コナスビ
ノダケ メハジギ
草原のなかの樹林帯
 


-目次-