県北の渓谷は秋の気配
H20.10.13





渓谷散策道

秋も紅葉の時期に近づくと朝夕は肌寒さを感じる季節となった。
県北君田町にある神之瀬峡、まわりの木々もやや色づき始めたようだが紅葉狩りには今ひとつ早そうである。

昔たたらが盛んだったこの地は、雨も多く木々の生育も早いことから伐採が繰り返されてきたのでほとんどが2次林である。
しかし、これらの木もたたらが行われなくなり、切られることもなくなってからは年とともに大きくなって今では立派な森林が築かれた。この時期訪れることは少ないが観察の機会を得たので歩いて見た。

今の時期、この渓谷では、今年の終盤を彩るにふさわしい数々の花をたのしむことができた。

ダイモンジソウとジンジソウ
まずはよく似ているがちょっと違うこの花に登場願おう。ナメラダイモンジソウとジンジソウだ。それぞれが独立して群落を築いている。
いずれの花も5枚の白い花弁のうち上の3枚が短く下の2枚が長い。ダイモンジソウは「大」に似た字をつくっており、ジンジソウは「人」の字に似て下の2枚が目だって長い。
この時期の主役であるが、これらの花が終わるとそろそろ秋も終わりとなるこちだろう。

ナメラダイモンジソウ
・・・・・・
ナルラダイモンジソウ ジンジソウ
ジンジソウ

残り少ない花
そのなかでひときわ目だっていたのがこの花である。ラン科のなかでも最とも遅く咲くアケボノュスラン。
外側の花弁が薄く紅色に色づいている。
ヤマジリホトトギス、シラネセンキュウ、タニタデなども

アケボノシュスラン
ヤマジノホトトギス シラネセンキュウ
タニタデ シロダモ

狂い咲き
冬が近づいているというのに花をつけている初春に咲く花が季節を間違って顔を出していた。
最近は気温の上がり下がりが大きかっただけに間違って花を咲かせてしまったのであろうか。

サンインシロカネソウ ちょっと早かったようで・・・タチツボスミレ

草木の実
秋に野山を歩いて楽しめるのが様々に色づいた果実である。
この渓谷でもたくさんの草木の実が楽しめた。

ムラサキマユミ
きれいな紫色をしたノササゲ 言わずと知れたアケビ
食べて美味しいサルナシ ちょと美味しくないノブドウ
ミヤマハハソ
赤い実がもぶれ着いてひときわ目立つカナクギノキ
ハダカホオズキ コムラサキ
ヤマグルマ 未だ色づいていない渓谷

四季折々、いつ来ても楽しめる神之瀬峡である。
 


-目次-