中津川源流を歩く
H19.6.10




渓流

中津川には多くの支流が合流しているが、今日はこの源流域の植物を観察して歩いた。
さすがにこの辺りになると、聞こえるのは水の音と小鳥のさえずりのみで、水は澄んで美しい流れを見せてくれ、自然の豊かさを感じる。

中津川源流域周辺も、古くは伐採された山であったが、植林が進みこの名残りが多いなか、この渓流沿いの一部では、今も広葉樹林と天然杉の群落が残されていた。個人の山であるが今は特別地域となっているとのことである。

これらの美しい環境と、身近な薬用植物などについて、今日は特に全国の専門分野の方たちの説明を聞きながら、思いもよらない効用などを教えてもらうなど、普通の植物観察会とはまた違った楽しい一日であった。

ヤグルマソウ サワギク
サワグルミ マユミ
ハクサンハタザオ タチカメバソウ
オオミヤマガマズミ ホウノキ
ヘラバヒメジオン ヤマトキホコリ&ウワバミソウ
渓流沿いの天然林の古木
オウレンシダ ハリエンジュ
 


-目次-