H18. 5.14




渓流と萌葱色に覆われた美しい山々

5月も半ば、三段峡も少しは春らしくなっているのではと訪れる。
木々は萌葱色に染まり沢の水は澄んで美しい。朝が早かったのでまだ訪れる人もほとんどいない。

渓谷沿いを歩き山の斜面を見るとまだショウジョウバカマの残り花が。
雪解け水が流れ込んでいるのか沢の水量は結構豊富で周りの木々とのコントラストが美しい。

キシツツジのピンクが水に栄え、足下にはクルマバソウやコンロンソウの群落が春を感じさせる。ラン科でも花が早いユウシュウランがちょうど盛りだ。

水辺に咲いたシャクナゲの赤が見事な花をつけている。公園などでも良く見るがやはり自然の花は感動的な美しさである。これを見ただけでも今日は来た甲斐があったというもの。

約2時間歩いてUターンしたが、新緑に覆われたこの時期の三段峡はマイナスイオンたっぷりの森林浴と心の中まで洗い流してくれそうな流れの素晴らしさは何時音ずれても楽しい。

キシツツジには水の流れがよく似合う
ユウシュウランは今が盛り ショウジョウバカマの残り花
遊歩道も森林浴満点
ヒメコウゾ ミヤマガマズミ
クルマバソウ コンロンソウ
美しい山の緑
ミツバウツギ フタリシズカ
チゴユリ コケイラン
ホウチャクソウ ツクバネウツギ
ニホンシャクナゲ
多いオモゴテンナンショウ ラショウモンカズラもやっと開花
渓谷
ナツトウダイ
サワハコベ ミヤマハコベ
渓流

 


-目次-