初春の草山
H18. 3. 5




満開のアオモジ

広島県では自生はあまり見られないが山口県に行くと結構見ることができる。
今日は満開のアオモジ詣でということで山口市の南端の草山に行って見た。なるほどなるほどあるわあるわ歓迎してくれるかのようにたくさんの黄色い花を開いて堪能させてくれた。
そして、この辺りはやはり暖かいのかスミレの花も群生し春の訪れを感じさせてくれる。

草山の遊歩道を歩いて山頂の灯台へ。
この草山周辺は公園化されて多くの自生の木を伐採しサクラの木が植裁されて植物の環境を大きく変えてしまっているところも多く管理もいまひとつのところがあるのはちょっと残念なところもある。

オアモジはクスノキ科で雌雄異種。まわりの少し白みがかった花弁のように見える総苞片で花を雄花と雌花を比べてよく見ると雌花は雄花より花序が少なくやや小さい感じがする。

草山の登山道からは瀬戸の海と黄色に彩られたクロモジの花か゛
シハイスミレ タチツボスミレ
展望台周辺の桜の木と瀬戸内海
アオモジ(雄花) アオモジ(雌花)
草山山頂の灯台
クロキの花 トベラの実
 


-目次-