NANAKUNIMIYAMA
広島・安芸津


下蒲刈島からの七国見山遠望



■七国見山頂&展望

山頂三角点と展望台

新たに伐採され、遠くに四国も見える南側展望


 

[コース&時間]


 西泊公園登山口(130m)
  ↓0:20
 西楽寺(250m)
  ↓0:25
 ピーク(411m)
  ↓0:20
 七国見山頂(457m)
  ↓0:50
 西泊公園登山口(130m)
 
[登山レポート]


今日は都合のため在宅予定であったが、時間が11時から17時の間であれば都合がつくということとなり、この間で行って帰れる山をと急遽考えた末、安芸灘大橋開通の通り初めをかねて「七国見山」を目指す。
蒲刈町ウオ-キングセンターから西泊公園へ登ると大きな観音像のある西泊公園に到着。ここに登山口がある。
観音堂のある西楽寺までは急な階段が続くが、周りの展望が開け、景色を楽しみながらの登り。
西楽寺は小さな建物で扉を開くと中にご本尊の十一面観音像が納めてあり、その前にとさい銭箱がおいてある。この観音像は15年に一回ご開帳とのこと。
お堂の上の支尾根は西側が断崖の上で展望が開け倉橋島から四国の山々まで望める。
これを過ぎると再び急な階段が続き、樹林の中を登る。
道はよく整備されているのは良いが、なんと階段の多い登山道か・・・。
全体にアカ松・シャシャンボが多いが、登るにつれてクロキが多くなり、リョウブも混じる。
途中のピークが樹林の中にありベンチが二つある。
一旦下るが、このあたりがクロキの多い樹林帯で一番雰囲気がよく、再び登り返すと山頂で二等三角点とその前に展望台がある。
南を見ると、なんと・・・最近山頂の南側が伐採され展望が大変良くなっている。南東県民の浜から南西が一望だ。
3人のグループが登ってきたので、時間のこともあり往路を下山。

   

 
西泊公園コース登山道

西泊公園の登山口は階段から

登山道横の大岩

観音堂下の断崖

県民の浜

観音堂

登山道は階段のオンパレード

ヤシャブシの大木を通しての展望

尾根筋はクロキの樹林帯

北側への分岐

樹林の中のピークの休憩ペンチ

観音堂西側展望これより上は展望はない



開通したばかりの安芸灘大橋700円なり


もどる