[大森ルート]
TOOGOUZAN


最も登りやすく一般的に使われているルートだか、北側に比べると昔ながらの自然がやや欠ける


登山道と山頂

大森側から東郷山遠望

登山口

白井の滝

登山道のつらら

送電鉄塔からの窓ケ山北側
冬の山頂ブナ
山頂三角点


          西側阿弥陀山・大峰山方面展望


 

北東側湯来冠・中野冠山方面展望        


 ■山歩きレポート
 
 RUTE&TIME
(高度は参考値
 伏郷バス停(350m)
  0:40
 井滝(500m)
  ↓0:05
 登山口(520m)
   ↓0:40
 送電鉄塔(670m)
   ↓0:35
 支尾根鉄塔(890m)
   ↓
0:13
 山頂(977m)
   ↓0:55
 登山口(520m)
   ↓0:05
 白井滝(500m)
   ↓0:18
 大森バス停
(350m)

このところ冷え込みが続き雪はどうかな、とワカンとストックを準備していったのはよいがこのところの好天で雪もほとんどない。
伏郷バス停から東に向け河に沿って歩き、途中大森からの道と合流。沢伝いにいくと登山口の少し前に白井滝がある。
滝は道から直接見えないので細い山道を下る。今日は水量も多く見応えあり。道のほとりの岩からは大きなツララが至るところに見られ大きなものは1m以上。

登山口の標識を見て山道へ。沢に沿って進むが、雪解けで道も少しぬかるみ気味。
途中沢を離れ雑木林の中を登ると突然送電線鉄塔へ。線路沿いに3本の鉄塔を通過し山頂へ。
鉄塔箇所以外は殆ど展望はないが、鉄塔からは窓ケ山や阿弥陀山の展望がよい。途中登山道の一部に積雪あり。

山頂は伐採され西側が開けているが、雪解け後で足下も良くない。山頂北側のブナ林はまだ雪で埋まっている。
下りは往路を下山。大森バス停に出た。


             

もどる