HIGASIHOUBENZAN & NISIHOUBENZAN



東鳳翩山は草原で展望抜群。西鳳翩山は無線塔のオンパレード。

縦走路からの東鳳翩山展望 東鳳翩山からはるかに西鳳翩山を望む


東鳳翩山頂の展望

北側ショウゲン山への縦走路 西側ダツヤ山方面展望 山頂三角点は満員


西鳳翩山頂の展望

東鳳翩山方面 無線塔の横に三等三角点が


登山道周辺

天花畑登山口 稜線への登山道 稜線分岐点到着 唯一の花リンドウ
  
東鳳翩山からの展望案内板 尾根筋からの東鳳翩山 地蔵峠車道からの登り
 
西鳳翩山への縦走路 油峠車道と西鳳翩山 西鳳翩山登山口 西鳳翩山案内板

 
山 歩 き
レ ポ ー ト

道端の階段が天花畑登山口
松林の雑木林にところどころ杉の植林の登山道を登る。ジグザグの道は常緑樹が多く、あまり紅葉は期待できない。登山路は花も既に終わり、展望もなくあまり面白味もない。
稜線に出るとショウゲン山からの尾根道と合流し、左に東鳳翩山への緩やかな草原のプロムナードの道に変り20分で東鳳翩山頂へ
人気の山だけに既に山頂には多くの登山者が食事中。360度の展望だが東側は霞がかかって墨絵のように見える。北西のダツヤ山側はまあまあ。南にはこれから行く西鳳翩山がはるか彼方に望める。
西鳳翩山への最初は急な階段を下ったのち緩やかなササの尾根歩きから雑木に変わる。地蔵峠までは階段が多い。
車道の地蔵峠からは再び上りとなり、低いシバと雑木の中を道幅は広いが石ころで足場はいまいちの歩き易いとは言い難い縦走路が続く。いくつかのピークを越えて油峠に到着。ここにも案内標識とそばに黄色く色づきカキの多くなった木がある。
ここから西鳳翩山までは山頂の無線中継所への舗装された車道を行く。振り返ると、いま来た東鳳翩山がはるか彼方に望め、よくもまあ歩いたものと感心する。
西鳳翩山頂はパラボラアンテナや無線塔が乱立しており景観はいまひとつである。その柵の横に慎ましやかに三等三角点が鎮座している。
再び油峠まで一旦戻り、峠横の小道を吉敷畑の西鳳翩山登山口まで下る。
沢筋に沿った細い山道で雑木や植林の中をただひたすら下る。前方が開けタラの栽培地に出ると民家が見えて西鳳翩山登山口に到着。このルートはロングランコースでややハードか。



<ルート&時間>     (高度は参考値)
 天花畑登山口(180m)
  ↓1:10
 
尾根分岐 (415m)
  ↓0:20
 東鳳翩山山頂(734m)
  ↓0:30
 地蔵峠(540m)
  ↓0:50
 油峠(5805m)
  ↓0:20
 西鳳翩山山頂(741m)
 0:20
 油峠(580m)
  ↓0:45
 西鳳翩山登山口(360m)
 



もどる