[潮原コース]
YOSIWAKANMURIYAMA


広島では最もポピュラーな山であり、山好きな人なら一度は登っている吉和冠山に2年ぶりに登ったので紹介します

クルソン岩分岐付近からの山頂

山頂と展望

北側の崖の上からは大神ケ岳・恐羅漢山・十方山等が展望できる


大神ケ岳展望 山頂一等三角点は展望なし 恐羅漢山・十方山展望


山歩きレポート

ポピユラーな山だが、10月に登ったことがない。久しぶりの好天につられて、少々出発が遅かったが10時自宅を吉和冠山に向け出発。
潮原コースの林道は昨年に比べ相当荒れており、乗用車は奥の橋の駐車場までは難しくなっているが今日はRVだったで最奥部に駐車。

今年は大雨や台風でどこの山も登山道が相当荒れているが、この山もたがわず登山道を水が流れた所は相当悪い。

沢にそってこの右側の杉の植林の中のゆるやかな登りの道をクルソン谷分岐まで行き、沢を左に渡る。この谷を沢沿いに真っ直ぐ登るが、クルソン谷にはいると周りは雑木林にかわり、少し山らしくなる。
10月中旬だとまだ少し紅葉には早いが、どうもどの木を見ても葉は枯れかかったものやチリチリになったものが多く今年は素晴らしい紅葉はあまり期待できそうにない。

この道を少し登ると、再び沢を左に渡り植林内を少し行くとブナの混じった樹林の中を進むようになる。春にはヤブレガサの群落がみごとなところであるが、今の時期は、おせじにもきれいとは言い難いモミジガサやカニコウモリの花が咲いているくらいである。

クルソン岩への分岐があり、この道を左にとり急登すると目の前に切り立った岩の柱のクルソン岩に着く。冬は木の葉が落ちてこの岩の全容や周りの展望もよく見えるが、葉のある時期は少々よくない。
尾根に沿って北にササの中を行くと先ほどの登山道にでる。下りに寄る方が登りが少なく楽だろう。

さらにトラバース気味に平坦な道をしばらく行くと、まわりがブナ・ミズナラ等の原生林に変わり最後の登りにはいる。ジグザグの登りだが雰囲気がいいので気分よくのぼれるが、ここも木の葉はあまりきれいではない。

山頂には既に何人かの人がいたが、北の展望のあるところで昼食。大神ケ岳・恐羅漢・十方山・女鹿平山が一望。
なんと、今日はじっとしていると寒くて手もかじかんでくる。早々下山。

登山道周辺は・・・

クルソン谷への分岐で沢を渡る クルソン岩 上部クルソン岩分岐
ブナ原生林の登山道 少し色づいた原生林 山頂北側の唯一の展望台

この山の植物と花は

春はいろいろな花が見られ見栄えのある山だが、花期はさすがに終わりである。唯一咲いていたのが、モミジガサとカニコウモリでお世辞にもきれいとは言い難い。
驚いたことに山頂でフシグロセンノウの花をみた。少々くたぶれてはいるがまだ花びらはそろっていた。
先日の台風と遅くまで暑さ月付き、木々の葉も少し汚く見える、例年ならもう少しすると全山紅葉がみられるところだが、いかがなものか。

唯一見られた花だが・・・

モミジガサ カニコウモリ 山頂に咲いていたフシグロセンノウ


<ルート&時間>  −潮原コース−   (高度は参考値)
 登 山 口 (710m)
  ↓0:40
 クルソン谷別れ(890m)
  ↓0:40
 クルソン岩分岐下(1,070m)
  ↓0:15
 クルソン岩(1,130m)
  ↓0:10
 クルソン岩分岐上(1,120m)
  ↓0:30
 山  頂(1,339m)
  ↓0:20
  クルソン岩別れ(1,120m)
  ↓0:25
 クルソン谷別れ(890m)
   ↓0:20
 登 山 口 (710m)


 

もどる