YUKIKANMURIYAMA
広島・湯来


湯来の町からの湯来冠山

山頂と展望

吉和冠・小室井・十方・臥龍山など県北の名だたる山々の展望

山頂三角点 山頂周辺


吉和冠山 小室井山 十方山・立岩山 臥龍山・深入山

山歩きレポート
林道終点の昔の焼却場も今は整地され、立派なタンク?ができている。登山口はこの横を左にはいる山道を登るが、入口に標識もなく一見分かりにくい。

山道ははっきりし、歩きやすいが杉の植林が続き面白味は少ない。しばらく行くと、昔集落や田畑があったのか石積みの石垣がたくさん残っているのが見られる。そのなかに祠がひとつ、いまも誰が面倒をみているのか整備されているようだ。

石積みの周辺で2度沢を渡り、沢筋に沿って登る。

立派な杉の植林が続き、さらに左右に2度沢を渡ると、沢から右の尾根にジグザグの登ってとやっと稜線の尾根筋だ。登山道のまわりは、先日の台風で杉の枝葉が落ちて敷き詰められ林床の草もよく見えず、まるで杉の葉のジュウタンの上を歩いているようである。

稜線で道を左にとり、今度は尾根歩きの登りとなる。ここで初めて尾根の北側に雑木林が見られるようになる。
この尾根には所々に赤松の大木が見られ圧倒される。林床にはササが多くなり、途中ピークをまいてさらに登るが、ここから植林は杉から桧に変わりササもなくなるが、尾根の北側はブナの混じった自然林となって続く。
山頂が近くなるとブナやミズナラの大木も見られるようになり、やっと奥深い山の雰囲気となって、最後の短い急登を登り切ると三等三角点の山頂に到着。

な、なんと・・・昔は展望のなかったこの山頂が、久々に登って西から北側を見ると完全に伐採され、広島県西部の名だたる山々が一望となっているのには驚きだった。まだ少し離れた所では今日も木を伐採している鋸の音が聞こえていた。
山頂周辺は、ここまでいやと言うほど見せられた植林もなく、広葉落葉樹林で山らしい。これからの展望は大変良くなって、少しはこれから人気もでるかもね・・・
昼食後、往路を下山。

登山道周辺は・・・

分かり難い登山口 集落。田畑の跡 集落跡にある祠
稜線分岐点 稜線に多い松の大木 山頂付近のブナ

この山の植物と花は

時期的にも、既に花期は終わりに近いこと、山頂付近と主尾根の稜線北側を除いて全て植林であり、林床はササか杉の葉で埋まっていたため、全くといってよいくらい、花は見られなかった。
開花末期のキバナアキギリ・アキチョウジ・アキノキリンソウ・マツカゼソウ・ツリフネソウ・シラヤマギクくらいなもの。
めぼしいものといえば、オオナルコユリ・ホウチャクソウの青い実、クモキリソウの咲き跡を見たことか・・・。
尾根筋の自然の赤松の大木には目を見張ったが、昔は北斜面に見られるブナと同居していたのであれば珍しい。
そして、900mを超えた山頂付近のブナ林は昔のこの山を想像させてくれて唯一素晴らしかった。

何もなかった登山道周辺だが・・・

オオナルコユリの実 ミヤマシキミの実 オトコヨウソメの実

<ルート&時間>
 登 山 口 (360m)
  ↓0:20
 集落跡祠(430m)
  ↓0:50
 尾根分岐
(700m)
  ↓0:50
 山  頂
(1,004m)
  ↓0:45
 
尾根分岐(700m)
  ↓0:50
 登 山 口
(360m)

 (高度は参考値)
 

もどる