KASUGAYAMA
島根・匹見



途中登山道からの展望はないが、山頂に着くと素晴らしい展望が開ける。

匹見町下道川からの春日山


山頂と展望
山頂には春日大社の鳥居と祠、その裏に三等三角点がある

左から砥石郷・恐羅漢山・半四郎山などが一望

日本海が見えるはず・・・の北西方面の展望 案内標識だが文字は? 高岳方面は霞んで良く見えない

登山道周辺

出会橋登山口と案内標識 匹見・美都コース分岐点 杉の植林帯を登る

                   
山頂近くなると雑木林が続く 山頂の祠はコンクリートの蓋が

わびしい

ほとんどめぼしい植物・花は見られなかったが、ツチアケビは多かった
ツチアケビの実

まだ青い実のアケビ ツルリンドウ ツリバナ

クサアジサイ



<山歩きレポート
 美都長藪から登り、匹見矢尾下山のコースを行く。
 登山口の途中には美都自然の森があり、キャンプ場の他にも色々の施設が整っておりちょっと寄り道をしたくなる。ここまでは道は舗装され良いが、ここから出会橋までは道も細くなり谷沿いの未舗装の道を1.5km行く。林道が右にのびておりその入り口に「春日山登山口」とある。
 この林道を約20分歩くと再び登山口の標識があり林道と分かれ本格的な山道の登りとなる。
 雑木と植林の薄暗い道を行くが、昔はこのあたりにも人が住んでいたのか、田畑があったのか、石積みの平坦地が所々見られる。
 尾根を越えて一旦下り沢を渡って登り返すと「山頂まで1,500m」の標識があり、匹見ルートからの登山道と出会う。

 道ははっきりとしているが昨日の雨の後だけに滑りやすく歩きにくい。そのうえ、今日はなんとも蒸し暑くとめどもなく汗がほとばしり出る。
 杉林の中の分岐点の日陰で
小休止。
 この山にはツチアケビやアケビが多いとみえ、いろいろなところで結構目につく。ツチアケビは真赤なはち切れんばかりの実が沢山ついているが、アケビの方はまだ青く食べられるにはまだ当分かかりそう。

 この三叉路を左折れ、杉の植林の中を尾根に向けてさらに登る。暑さにはかなわず途中炭焼小屋の跡らしきところがあり一本つける。
 まわりが雑木林に変わったあたりに水場もあり、誰がつけたのか竹のといが取り付けてあり、コップがおいてある。一杯もらってさらに急登を登ると山頂も近い。なんと頂上までまったく展望はない・・・どうも最近はこんな山に登ることが多い。。
 山頂には鳥居と小さな祠があり、扉のまえにはコンクリートの蓋がしてある。祠のうらには三等三角点が鎮座している。
 東側に少しいったところが開かれて砥石郷山、恐羅漢山、半四郎山などを中心に西中国山地の山々が見渡せる。北西方面も一部開けており日本海や岩見空港が見られるはずであるが、今日は霞んでよく見えない。

 約1時間の休憩の後、急な滑りやすい道を注意しながら下山。引力に逆らわないだけあっ美都コース分岐までスイスイ。
 ここを沢に沿って真っ直ぐ下る。道ははっきりしているものの途中雑草がはびこっているところもあり、天敵のヘビくんに出会いそうな雰囲気だったが無事通過。
 車の通れる道にでると下山口に到着、ここには車も駐車できる。短時間で登りたい場合はこちらからがよいが、面白味は少ない。


<ルート & 時間>


出会橋(0:20)→林道分岐(0:10)→あと2,000m標識(0:10)→

尾根ピーク(0:06)→沢(0:03)→矢尾コース分岐(0:20)→

あと1,000m標識(0:25)→あと500m標識(0:20)→

春日山山頂(0:40)→矢尾コース分岐(0:15)→矢尾登山口

もどる