KOMUROIYAMA
広島・吉和


「もみのき森林公園」の一角をなすこの山を紹介します

<山歩きレポート
 「ひろしま百山」で紹介され、今まで登ったことがなかったので、話の種に一度登っておこうと思い足を運ぶ。朝から曇り空。天気予報は午後から雨ということで、雨を覚悟で出発。
 もみのき森林公園から登山道へ。入口には大きく「クマに注意」とあるが、入口標識は分かり難い。今日のような雨の降りそうな日にはクマさんに会ったという人を良く聞くし、最近隣の湯来でクマに襲われたこともあり、スズ、クマスプレーをつける。
 道は尾根に沿って樹林の中をいくが、クロスカントリースキー路が登山道となっている。
 950mあたりからブナ・ミズナラ群落が見られるが、大木は一部で全体に木も細い。将来は立派な樹林となるだろう。
 案の定途中から雨。山頂近くなると木立も小さくなり、ササユリがたくさん咲いている。山頂のまわりは広い台地で、尾根の北側は樹林だが南側はまさにハゲ山。ロータリークラブが色々な木を植樹している。三角点は薄暗い樹林内に10m程入ったところにある。
 下山はハゲ山と樹林の境を下り、公園の西側へ降りる。途中登山者には全く出会わず。
 この山の登山道は整備が行届き過ぎ。ずっと砂利も敷かれており面白くない。富士山と同じで2度は登ろうとは思わない山だ。


この山で見た

この山は山頂まで樹林の中を登り、亜高山植物、ブナ・ミズナラ群落を見ることができる。山頂周辺は南側がハゲ山で開けているが、北側は自然林と植林の樹林帯となっている。麓の公園内は自然林の中を切り開いて公園化されている。
野 草◇

山頂近くの登山道に多いササユリ

山頂手前にあったバイケソウ

湿地のハンカイソウ

◇樹 木◇


雑木林に多いエゴノキ

ナツグミが真赤に熟れていた

雑木林に多いミヤマイボタ
   
丁度今はヤマボウシが満開

この山では咲いていたコアジサイ

イワガラミ


登山道周辺は・・・

登山道は結構広く整備されているが、砂利がしかれて歩きづらい。高度差もあまりなくしんどさは全くない。登りルートは森林浴を楽しむには十分だ。山頂周辺と下りルートはまわりの景色も一変しいただけない。展望も良いとは言えず山に登ったという感じがしない。
みなさんに推奨する程の山ではなかった。

ブナ林 山頂/三角点はこの奥10m 山頂からの展望はハゲ山への植樹


"WONTED"

この花は何の花?
教えてぇ〜  
小室井山の山頂付近に群生していたのですが、自生でこんな花は知りません。外来種をだれかもってきたか、何かについてきたのでしょうか。
知っている方がおられれば教えて下さい

もどる