MOTTAGADAKE
島根・六日市


山頂からの素晴らしい展望とイチヤクソウが多く見られたこの山を紹介します

国道からの盛太ケ岳


<山歩きレポート
 1000m級の山に囲まれており、国道から見ると一見楽勝でいけるなとの印象を受けるが、思ったほどとんやがおろさない。
 麓の栗園の林道が途中倒木で道をふさがれ、車は栗園入口付近におき、おかげでこの暑さの中でしっかり汗をかいてやっと樹林帯の中へ。
 植林の混じった雑木林で尾根筋に沿って登るが結構急登が多い。展望はほとんどなく、めぼしい植物も見られないまま高度をかせぐが、一昨日までの雨で滑りやすい。
 山頂が近くなると周囲が開けササ原の急な直登となり歩き難いうえ暑さがこたえる。
 第一目的の花は殆どなかったが、唯一イチヤクソウの花が多く見られたのと、イワガラミが丁度満開だったことが救いだった。
 また、ササ原から山頂にかけエイザンスミレが多く見られ春に一度来てみたい。
 山頂は西側の木々か切り開かれ展望が良い。緩やかな台地状の広場はワラビがいっぱいで、三角点と小さな祠がある。
 山頂からは平家ケ岳・大将陣・羅漢山・小五郎山・安蔵寺山等を見ることができた。
 東側は雑木林のままで木の間から鈴の大谷山が一部かいま見られた。

展 望 from 登山道&山頂

この山は樹林の中を登るため・登山道からはほとんど展望はない。途中2箇所、展望台と称するところがあるが、第一展望台なるところは木の間からやっと望める程度で展望台とは名ばかり。第二展望台の方は頂上下の樹林が切れたところで、こちらは東側が大変よい眺めである。
山頂は東方面が切り開かれ、平家ケ岳から小五郎山・安蔵寺山等の山々を一望できる。


鈴の大谷山展望

羅漢山展望


盛太ケ岳山頂から東方面展望(左・平家ケ岳、中・大将陣、左・小五郎山)


安蔵寺山展望 小五郎山展望 平家ケ岳展望

登山道で見た

この山は全体に雑木林である。残念ながら花をつけた野草でめぼしいものは「イチヤクソウ」のみだったが、中腹あたりでは色々なところで結構見られた。木の方もこれまた「イワガラミ」だけと言ってもいいくらいで誠にさみしい。
ヤマアジサイなどもあるが未だつぼみ状態。山頂付近にエイザンスミレが多く見られたので初春にぜひ一度来てみたい。

イチヤクソウ

イワガラミ


登山道周辺では・・・

山麓の登山道周辺は栗園となっており、丁度クリの花が満開できれい。だが、暑いのに登山口までこの中の舗装された林道を歩かなくてはならないのは面白くない。
雑木林の中にはいるとひんやりして気持ちが良いが、尾根に沿って登るため急登も結構ありしっかり汗もかいてしまう。
山頂直下の笹原の直登が滑りやすくて最も厳しい。この笹原の手前にタタラ時代の名残とかで苔むした小さな石室の祠に権現仏がある。山頂にも三角点に背を向けて石の祠が祀られておりちょっと拝みたくなる。
山頂広場にはワラビがジュウタンのようにあり、一休みしたらワラビ狩りもできるのでは。

山頂の石の祠
登山道

登山道の石室の石仏


もどる