OOEDAKAYAMA
島根・太田



南側飯谷からの展望

山頂から日本海方面の眺望

西側ピークの展望台

西側ピークからの大江高山

4月に登った早春の大江高山は思いの外植生も豊かで素晴らしい山 ・・・・・ その一端を紹介します

ホソバノコバイモ 開花期間は短く、すぐに花も落ち、葉も早々に枯れるので出会うのも中々大変。
ちなみに4月10日満開だったのに17日には跡形もなかった。
ミスミソウ スハマソウとは同種だが葉の先が丸か、とがっているかの違い。
花びらの数は一般には5から9片といろいろだがこの山の花びらは10片のものが多く大変きれいだ。
4月10日はまだ咲いてなかったが17日には満開だった。
ヒゴンスミレ ややピンクがかった花は私の大好きなスミレのひとつ。
4月17日はちょうど満開。 
ヒゴスミレ エイザンスミレとは似ているが、花も白く葉も一見エイザンスミレの3分割に対 し5分割に見え異なっている。
アケボノスミレ 濃いピンクの大きな花びらが特徴。
花の咲き始めにはまだ葉がほとんど出ていない。  
スミレサイシン 中国山地の雪の多い高山ではよく見かけるこの山では尾根筋に多い。
葉はとがって花の咲き始めにはまだ根元でまだ巻いている。
アカネスミレ 鮮やかな紅紫色、全体に毛があり、葉は明るい緑色。
この山の中腹で結構見られる
ヒトリシズカ 谷間に多く素朴な美しさが好きだ。
山辺八代姫命神社付近に多い
ヤマエンゴサク 山辺八代姫命神社付近から山麓に掛けて見られる。


  この山の
★トピックス★
ギフチョウ

カンアオイに卵を生む珍しい
「春の女神」と呼ばれている
この蝶だが大江高山には春

先たくさん空に舞っているの
が見られる

     カンアオイ

大江高山には南側の飯谷・山田から2つのコースが整備されており、いずれの登山口にも駐車スペースがある。
飯谷からは距離は短いが急登、山田からは尾根伝いに一度ピークを越えるため距離はあるが、色々な植物をみることができおすすめ。山頂からは日本海・三瓶山など一望できる。
いずれのコースも急坂のため雨後はすべりやすく相当苦労する。

もどる