広島戸河内  OSORAKAN & KYUURAKANYAMA  1,346.4m


内黒峠からの恐羅漢山展望(97秋)


山頂&登山道

  恐羅漢スキー場駐車場からスキー場に沿った急な登山道を登る。
まったく味気ないがここを越えるとやっと山らしくなる。

今回の目標はサラサドウダンとオオヤマレンゲ。
尾根に出るまでの樹林内にさっそく赤い花をつけたサラサドウダンが見られる。
尾根筋までは雑木林。
稜線に出て山頂への縦走路になると、右手はブナの大木の多い原生林。
 
ブナの古木のイワガラミ オオナルコユリ
はっきりした尾根道を行くと三角点のある山頂へ。
約30年前に登った時からある倒れた大木は未だに残っており、展望台となっている。
県最高峰だけに登山者も多い。
恐羅漢山頂三角点 サラサドウダン
旧羅漢山へは原生林の中を一旦下り、さらに登り返すと山頂。

途中目的のサラサドウダンも何本も見られ、びっしりと赤い花をつけており美しい。

オオナルコユリも多く、大きいものは1.5m位はある。
初夏の旧羅漢山 サワギク
旧羅漢山頂には三角点はない。
大きな岩があり、この上に登ると展望抜群。
少し西にいったところにも岩があり、ここから南方面の展望もグッド。
この岩の周りには目標の二つ目のオオヤマレンゲが群生しており、白い花をたくさんつけ大満足。
初冬の旧羅漢山 オオヤマレンゲ
復路は稜線沿いにブナの原生林を堪能し夏焼峠を経由して駐車場へ。
スキー場ルートと比べると山を歩いたという満足感の得られるコースでありおすすめ。
ブナ林 サラサドウダンの木

山頂展望

恐羅漢山頂から
北方面展望
初冬の山

旧羅漢山頂から
南方面展望
初冬の山
初夏の山

ルート&時間

牛小屋高原レストハウス
 ↓0:20
スキー場上部
 ↓0:30
尾根分岐
 ↓0:05
恐羅漢山頂
 ↓0:30
旧羅漢山頂
 ↓0:30
恐羅漢山頂
 ↓0:50
夏焼峠
 ↓0:25
牛小屋高原レストハウス



  もどる