島根日原  AZOUZIYAMA  1,263m 


ブナ林・ミズナラ・アシオスギの森林浴を楽しみながらの尾根歩きの横道ルート。

縦走路からの山頂

登山道と山頂と展望

    登山口の大駐車場には立派な案内板がある。

林道を少し歩き行き止まりが登山口。
すぐ沢を渡ると、なだらかな樹林内で色々な草花が咲いている。

既にブナ林があり、林道が相当高度をかせいでいる。
   
登山口の駐車場の案内板 ガマズミ
打原峠までは急なジグザグ道。
峠の標識に従い右折れ、稜線にそって登る。
チゴユリの群落を足下に、ミズナラ・カエデ・杉にブナが混じった自然林が続く。
高鉢山分岐の標識が見えると周辺にナベワリ・ツクバネソウが多い。
アシオスギの大木が混る尾根 ツクバネソウ
最初のピーク周辺には、ここが南限のアシオスギが多く見られるようになる。
ブナの大木 ナベワリ
ピークをいつくも越えるが、ブナとアシオスギの大木が縦走路の周りには多く見られる。

安蔵寺トンネル分岐の標識周辺は杉を中心ことした樹林帯。
ここを下った鞍部に天然記念物となっているミズナラの大木が現れる。
樹齢600年のミズナラ「ナラ太郎 ラショウモンカズラ

縦走路の真ん中にあるナラ太郎はさすがに大木。
そばに説明板まである

寺屋敷湿原 ヒメレンゲ
尾根筋にある湿原には今はバイケイソウの葉が覆っており、初夏には花で埋まることだろう。
昔ここには寺があったそうだ。
ここから最後の登りを登り詰めると山頂。
登山口から結構距離がある
山頂への最後の登り エンレイソウ
山頂には二等三角点と真新しい立派な山頂標識がある。
南から東方面の展望があるが、ガスって遠くはよく見えない。
に向け少し下ると、展望台と別ルートの登山道がある。
山頂三角点 ホウチャクソウ
山頂には大きな岩があり、この下に下りてみると、コケむした観音さんの石仏がある。
山頂岩の下の石仏 シャガ
山頂南方面展望     ブナの花

ルート&時間

 奥谷駐車場
  ↓0:15
 打原峠
  ↓1:00
 ミズナラ巨木
  ↓1:00
 寺床
  ↓0:20
 安蔵寺山頂
  ↓2:30
 奥谷駐車場

  もどる