鳥取県大山町
大山ユートピア・三鈷峰


何時行っても素晴らしい中国地方の名山

宝珠越え登山道からの大山展望



急に思い立ってのことであるが、日帰りで大山ユートピア周辺に花詣でかけることとした。
今の時期に見られるこの周辺の花を見てみたかったと言うことでこの山を選んだという次第である。

[大山寺町駐車場から上宝珠越へ]
早朝広島を出て大山寺町の元谷沿いの駐車場に車を止めて朝5時登山開始。
まだ登る人もほとんどいないがそれでも橋の上からは大山の頂がはっきりと望める。天気も良しで意気揚々と足を進める。
大神山神社まではできるだけ舗装道路は避けて樹林のなかをいくがやはり少し暗すぎて写真は撮れそうにない。
大山寺にもそして大神山神社にもまだ人の姿は見えない。

神社裏からやっと落葉広葉樹林の山道にはいり直ぐに道が分かれて真っ直ぐ行くと元谷経由で大山山頂だがここは左の狭い道に入って上宝珠越を目指す。
谷間の石の多い道を進むと中の原スキー場手前からの林道に出る。この林道は入口はロープで一般車通行止めとなっているので車で入り時間稼ぎはできない。

林道を横切ると本格的な山道となり急坂が続く。ピンクのタニウツギがちょうど盛りのようだ。
樹林の中で展望もなくただひたすら登っていくとやがて尾根道に出て宝珠山から中宝珠山とのコルの上宝珠越に到着する。


朝薄暗い5時に出発したが大山寺町からは山ははっきりと ひと一人いない大神山神社
神社裏からいよいよ山道に 元谷コース分岐(真っ直ぐ元谷だが左の細い道へ)
林道横断(案内板有り) 谷の急な登りが続く
・・・・・・・・・・
登山道は樹林の中 尾根の下宝珠越に到着(左宝珠山、右中宝珠)


[上宝珠越からユートピア尾根へ]
尾根道を右にとり樹林の木々や草花を見ながらゆるやかな登りを歩く。足下にはマイズルソウが顔を出しはじめ場所によっては群落もみられる。スノキが可愛い花をたくさんつけて心和ませてまれる。
木間から朝日のあたる大山の北壁が初めて顔を見せるが今日は天気も良さそうできれいだ。

1,242mの中宝珠のピークを過ぎると前方が開けて素晴らしい眺めが広がっている。
左に上宝珠のピークから右に目を転じると大山の北壁が一望できなかなかの展望でしばし眺めを楽しむ。

ここから一気に急坂を下り中宝珠越に。昔はここから元谷に下っていたが今は道が荒れてしまったか通行止めだ。
再び登りとなるが途中H13年の地震直後に歩いた時は崩れて通れず迂回したところもいくつかあったが整備されロープもつけられて歩き易くなっていた。

尾根を右斜面・左斜面と移動しながら道はつづいているが山慣れしていない人には少し注意も必要な個所もいくつかあるようだ。
周りの植物の花を見ながら歩くのも楽しくもあるが、きょろきょろもなかなか忙しいもので首が痛くなるのではないかと心配だ。

上宝珠のピークを過ぎるとまたまた急な下りとなるがここで再び前方に展望が広がる。
今度は左に三鈷峰から右に大山の尾根が続き剣ケ峰から弥山とまさに大山を見るための展望台と言っても過言ではない素晴らしい眺めである。

これを下ると砂滑りへの分岐道のある上宝珠越に到着する。ちょっと汗を拭きたい所でひと休みをする。

これから先は三鈷峰と象ケ鼻のコルに向けて尾根の北斜面を左にトラバース気味に小木の中を登っていく。
地震の爪痕はこの辺りでも見られ足下もあまり良いとは言えず注意しながら登る。周りの樹層も大きく変わり草花もサンカヨウなどガ多く見られるがすでに実となっている。

前方が明るくなってくるとやがて尾根道に出る。
開けた狭い台地と言う感じでちょっとした広場の真ん中に案内標識が石に支えられて立っており360度の展望が見られる。


・・・・・・・・・・
落葉広葉樹林のなかの尾根道を登る ブナなどの木々も朝日を浴びて美しい
似たような林床をし小木で覆われた中を進む 途中初めて大山の姿が木間から望める
中宝珠のピーク 直ぐに展望が開けて左手に三鈷峰が
そして右に打線北壁の勇姿が望める
・・・・・・・・・・
この後は急降下で落ちるように下る 中宝珠越辺りはなだらかとなり
上宝珠への道は地震寺の崩壊がひどかったが整備されロープも 尾根の東側では足場の少ない所も
そして岩の急登とバライティーに富んでいる 上宝珠のピーク
これを少し下ると素晴らしい大山展望台が
下ったところが上宝珠越(左ユートピア、右砂滑り) 尾根来た斜面のトラバース気味に登るが足下は悪い
・・・・・・・・・・
登山道からの宝珠山とその尾根展望 ユートピア尾根に到着


[三鈷峰・象ケ鼻周辺散策]
まずは尾根道を左に進むと小さなピークを一つ越えて約20分で三鈷峰山頂に着く。この山も崩壊が進んでいるようだ。
山頂にはケルンが3つ立っていた。
早々に下山。足下も良くないので注意まながら下ってユートピア小屋に向けて進む。小屋の周りにはすでに数人の人が休んでいたがあいさつを交わしてそのまま象ケ鼻に向かう。

この辺りではまだイワカガミが群落をつくって咲きなかなか綺麗だ。象ケ鼻を少し登ってみるがあまり植物も変わりばえがしないので振り子沢に向けて下って見ることとする。

少し下ったところで、なんと!・・・思いもしないアクシデント発生。登山靴の裏が禿げたのだ4万円出した靴でもちゃんと管理しておかないとこんなことに・・・・と反省。早速予備の靴ひもで巻き付けて一応問題なく歩けるようになったが仕方なくここでUターンして下ることとする。

三鈷峰への稜線 三鈷峰山頂のケルン
ユートピア小屋から象ケ鼻の稜線 象ケ鼻から天狗ケ峰への稜線
・・・・・・・・・・
振子沢への下山道 ユートピアから三鈷峰展望
烏ケ山展望 矢筈ケ山と甲ケ山展望


[ユートピア尾根から砂滑り経由で下山]
下りは上宝珠越まで往路を下り左に道をとって砂滑りにおりる。
カラカラと岩の落ちる音が聞こえるなかあまり気持ちの良いものではないが足早に滑るようにどんどんくだる。

後から2人の人が砂滑りを下ってきたが、あまりここを歩き慣れていないと見え歩いた時に石落としてくるのだ。横をころころと石が通り過ぎていくので少し間を空けてもらうようにお願い。ここは用心するにこしたことはない。

砂滑りの下にはまだ残雪が結構残っているのには驚き。
後の2人にお礼を言ってどこまでも続くガレた枯れ沢をくだるが歩き難いので足下に注意が必要。
最後の堰堤前で弥山元谷ルートに合流しやっとこさ右岸の林道終点に到着する。

ここから樹林内のルートと林道ルートがあるのだがこのたびは林道経由で往路で通った上宝珠ルートを通って大神山神社に戻る。ここも朝とは違って人も多久くなっていた。
すぐに左の樹林にはいり大山寺をとおってまたまた樹林内を橋のたもとまで下る。駐車場に戻ると車は満車状態だった。そして町も多くの人達でいつもの賑わいである。

どうにか靴の方も無事に下山でき出来て気持ちの良い一日を過ごすことができた。満足、満足!

・・・・・・・・・・
荒れた砂滑りへの下山道 砂滑り入口
砂滑り やっとこさ砂滑りが終わり残雪とガレとなる
枯れ沢から屏風岩を 延々と続く枯れ沢は歩き難い
元谷の最後の堰堤から大山北壁を振り返る




 [ルート&タイム]

 大川寺町P(760m)
   ↓0:30
 大神山神社(880m)
   ↓0:05
 元谷・宝珠尾根分岐(930m)
   ↓0:10
 林道(960m)
   ↓0:30
 下宝珠越尾根(1125m)
   ↓1:00
 中宝珠越(1200m)
    ↓1:00
 上宝珠越・砂滑分岐(1330m)
    ↓0:30
 ユートピア・三鈷峰尾根(1480m)
    ↓0:15
 三鈷峰(1516m)
    ↓0:15
 ユートピア小屋(1495m)
    ↓0:03
 象ケ鼻(1550m)
    ↓0:05
 尾根分岐(1480m)
    ↓0:15
 上宝珠越・砂滑分岐(1330m)
    ↓1:30
 元谷ルート合流(1015m)
    ↓0:30
 元谷ルート合流
   ↓0:30
 大山寺町P

 (注)標高・所要時間は概略参考 
 



この山のたち
・・・・・・・・・・
ハナニガナ ウワバミソウ
コケイラン サイハイラン
フタリシズカ ツクバネソウ
オオナルコユリ マイズルソウ
ノビネチドリ
・・・・・・・・・・
ミヤマハタザオ イワカガミ
ユキザサ シジバリ
サンカヨウ ウマノアシガタ
ダイセンオトギリ
・・・・・・・・・
ダイセンオトギリ コゴメウツギ
クマノミズキ ムシカリ
カマツカ コヨウラクツツジ
ヤマヤナギ スノキ
タニウツギ アカモノ
ヒメヤシャブシ ウリハダカエデ
イワカガミ群落


2006. 6.11