広島県廿日市市 折敷畑山 (445m)・・・・


古き時代が忍ばれ気楽に楽しめる里山らしい里山

明石からの折敷畑山展望



天気は今夕から雨との予報。それでは近場の山にでもと廿日市市の折敷畑山に登ることとする。
この山は大河ドラマ毛利元就にあるように、陶と毛利の宮島合戦の前哨戦が行われた地として一躍名を馳せて訪れる人も増えたというが、それまではあまり耳にされない山であった。

廿日市市の県道廿日市佐伯線を国道2号線の宮内分かれから津田方面に進み、黒折と明石との中間辺りの右側に一軒の民家がある谷への入口が登山口である。
丁度道路も広くなってここに車を置くことができる。道端には昔、陶・毛利の古戦場としての折敷畑の文化財説明板があり、これに地図とともに折敷畑山が記載されている。

まずは古戦場跡のピークへ
この県道右にある民家の前を奥に進む。「折敷畑」の案内板が要所にありこれにしたがって進めば古戦場跡までは迷うことなく到着できる。
舗装が切れてイノシシ除けのトタン板の外側に沿って少し進むと左斜面に道が登っており、ここが取り付き。(案内板あり)
山道となって急坂の竹の混じった植林のなかをジグザクに登っていくと道が少し緩やかとなって尾根道に合流。ここを左に道をとるがこの尾根道の立派なこと、落ち葉で覆われた広い弾丸道路である。

やがて送電鉄塔に着くと周りの眺めも広がり船倉山の稜線が背後に望める。
さらに真っ直ぐに尾根道を登りると緩やかに右に道がカーブしているところで左に小さな山道が分岐しているのでこちらにの尾根に道をとる。

ピークを越えて鞍部へ。ここで道は右に分岐があるが尾根に沿って左の道をピークに向けて登る。多いブツバキも今の時期になると花があちこちで見られなかなか美しい。やたらと目につくのがアキグミだ。ツブラジイの大木もある。

左手の木間からは船倉山を見ながら登っていくと、やがて「折敷畑山古戦場跡」なる白い木柱と旧陸軍輸送隊の昭和15年6月と書かれた石柱が並んで立っているピークに到着する。
多くの人はここまで登っているようである。さらに道は真っ直ぐ折敷畑山頂と右に三角点ピークに向けついている。
そして、南東が少し開けて廿日市市の四季ケ丘団地と宮島を望むことができるがあまり展望が良いとは言えない。


県道沿いの登山口(文化財説明板のある左を入る) 舗装が切れ土道に
イノシシ除けトタン板沿いを進み左の山に取付く(案内板あり) 取付を登山道上部から見ると
尾根三叉路に出ると左に(案内板あり) 送電鉄塔に出る
送電鉄塔から見た船倉山展望
・・・・・・・・・・
尾根には立派なスーパー登山道が メインの道から左の尾根道に分岐(案内板あり)
アキグミの木が多い ヤブツバキも多くたくさん花をつけている
古戦場跡まではこの案内板が要所にあり案内してくれる ピーク鞍部の分岐を左に尾根道を登る
雑木で覆われた登山道が続く 所々で木間から船倉山の稜線が左に
道がササで覆われている所も ツブラジイの大木が
陶・毛利の古戦場跡のピーク(ここから山頂と三角点に道分岐)
古戦場跡ピークからの廿日市・宮島展望


少し先の山頂へ
さらに尾根を北に進み一旦下る。ササの中を過ぎると道は溝のようなくぼみを進む。倒木も多い。
やがて道らしくなって雑木林のなかを登ると次のピーク、即ち山頂の左側を巻くように道は続いているので、このピークに向け薄い踏み跡のあるところを尾根に向けて右に登り、少し進むと樹林のなかの平坦な樹林の中のピークに着く。
ここが折四畑山の山頂であるが三角点もなく展望も全くない。いくつかの登頂プレートがかかっているのでここが山頂だと分かる程度である。
人のあまり登らない山に行ってもよく見る二つのプレートが特に目を引いた。こんな山にも登っているのだ。


・・・・・・・・・・・
一旦下るとササが覆っている 倒木の多い溝のような所を進む
雑木林の中の道を登る 道は山頂の左を巻くので薄い踏み跡に沿って右の尾根に
何の変哲もない山頂、三角点なし、いくつかのプレートが
どこに行ってもよく見たことがあるよね、このプレートは


三角点のあるピークを目指す
一旦山頂から古戦場跡まで戻り、真っ直ぐ進むと下山道だが、ここ東に左に道をとる。
初めは荒れて歩きづらいが次第に道ははっきりとしてくる。この道は途中で右にターンするように下っているが、曲がり初めたところの左に踏み跡があるのでこちらに行くと尾根道に出る。
溝のような地形のなかを下ると明確な雑木の尾根道となり少し道が右に曲がると右斜め後ろに古戦場跡ピークが望め、ここから少しで前方に切り開かれた広場が現れる。
ここが三角点のピークで伐採された広場の真ん中にほとんど埋まった三角点とその標柱、そして赤白のポールが立っている。
周りがこれだけ伐採してあるにしては展望はあまり良くないが、どうにか木間から極楽寺山・瀬戸内海・宮島・古戦場跡ピークなどを望むことができる。空が開けて気持ちのなかなか良いところだ。

復路は往路を古戦場跡ピークまで戻り、そのまま往路と同じ道を下山した。
里山らしい雰囲気の山で気持ちのよい山歩きができた。登山口まで下り民家の方と話しをしたが、地元では近々更に道を整備する予定であるとのことでまた来て見てくれとのことであった。しかし、自分としてはこれ以上手を入れてほしくないところなのであるが・・・


・・・・・・・・・・
歩き初めは倒木が多い しばらくでメインの道は右カーブ、ここで左の薄い踏み跡に
道はちょっと分かり難いが尾根を行けばよい 立派な尾根の上の道に変わる
雑木林のなかをしばらく行くと 三角点ピークにある三等三角点に到着
三角点ピークは周りを伐採された広場
・・・・・・・・・・
古戦場跡ピーク展望 極楽寺展望
船倉山展望 四季ケ丘団地・宮島展望




 [ルート&タイム]

 登山口(205m)
  ↓0:06
 尾根分岐(305m)
  ↓0:07
 送電鉄塔(325m)
  ↓0:06
 尾根道分岐左(370m)
  ↓0:11
 尾根道鞍部(390m)
  ↓0:20
 古戦場跡標柱ピーク(405m)
  ↓0:18
 折敷畑山頂(445m)
  ↓0:06
 古戦場跡ピーク(405m)
  ↓0:20
 三角点ピーク(365.9m)
  ↓0:14
 古戦場跡ピーク(405m)
  ↓0:22
 登山口(205m)

 (注)標高・所要時間は概略参考
   GPSトラックを記載 

 


2004. 2.28