広島県呉市   (400.1m)
2003. 2. 15
眺望もいまひとつで面白味に欠けるが、コースを選べば楽しい山歩きができるかも

八畳岩からの鉢巻山展望



この山には戦時中砲台があり、山頂直下まで車道が通じていた。この車道跡がこの山の登山道であり、この道への取付である鍋土峠がこの登山口となっている。
この峠には呉市の斎場と道を隔てて、寿光霊園というのがあり、霊園の中に山への取付がある。この取付には呉山の会の手製の案内板がありすぐ分かる。

車道跡は今でも途中までは今も車が通れるようで、入口周辺の道沿いはゴミの不法投棄も多くあまりきれいな環境ではないが、少し進んで左に竹ヤブが見られるようになる頃にはまわりも山の雰囲気となる。
緩やかな登りが続き車道跡だけに道巾も広く散歩コースという雰囲気である。
道はいくつものピークの西側斜面を巻くようにつけられており、左手は山の斜面、右側には所々木間から烏帽子岩山を望みながら少しづつ高度をかせぐ。
山の地形に沿って右に左にと曲がりながら登るにつれて踏跡も狭くなったりし倒木や落石も見られるが展望は相変わらすあまり良くない。
アカマツ・アラカシ・ネズミモチ・シロダモ・サカキ・ヒサカキ・ヤブバキ・ヤマサクラ・リョウブ・ヤシャブシ・クロキなどと林床にはウラジロシダなどが周りを覆う。
この道は山頂の南側まで続いており、尾根道を少し北に戻るとNHKの中継塔。さらに北側へ登ると砲台跡のある山頂につく。三等三角点があるが周りは雑木に覆われて眺めは全くない。そして、ここにも亀の子会のプレートはあった。
この山は、どう見ても面白味はなく、登る人が少なく人気のない山であることもこれで納得した。



登山口はこの寿光園霊園の中 霊園のなかに取付の道はある
取り付きには登山口の手製案内板がある 戦時中の車道跡の登山道は竹林へ
道は左に分岐が(左送電鉄塔No16、右登山道) 足場は申し分ないが所々で道が崩れている
道沿いに送電鉄塔No17 道には倒木や落石も
登山道は緩やかな傾斜で登っていく 場所によってはシダが道を覆う
・・・・・・・・・・
山頂南側で旧車道も終わり尾根沿いに左に(右下山取付) 山道を登るとNHKの中継基地が
鉢巻山頂は樹林のなか
・・・・・・・・・・
三等三角点 戦時中の砲台跡


下山は同じ道を帰るのではそれこそ面白くない。幸い山頂を南に下った車道跡から南側に向けて踏跡があり、ビニルひもが所々に見られるのでこれを下ることとする。
地図で確認してみるとこれを下ると南側の愛宕町か、東側の山手町に下れそうだ。
さっそくこれを下りて見るが踏跡は薄い。ビニルひもを頼りに雑木林の中を尾根に沿って下る。
なんだか踏跡というより獣道という感じであるが、少しでも展望がある場所では地図と磁石で現在地を確認しながら下る。そうこうしていると、途中からビニルひももなくなってしまう。
尾根が2分しているところに出たが、どちらにも踏跡らしきものはある。鍋土峠に車を置いているのでこれも考えて、出来るだけ近い方にと左側の尾根に道をとる。予想ではこれを下ると山の東側の二河球場側におりるものと思われた。
周りはヤブ同然といってもよいが、そんなに歩き難いこともなく、時々明確な踏跡も現れる。
尾根を外さないように下っていくこんな山奥にビニルひもで囲われたところが所々に出てくる。多分マツタケでも取れるのであろうか。
相変わらず展望は良くないが、たまに木間から遠くを望め、思った方向に下っていることを確認。
しばらくで左側に立派な竹林と雑木林の境の踏跡にでる。ここまでくると降りたも同然ということで一服する。
さらに下るとモウソウ竹から普通の竹林に変わり竹の間に付いた踏跡を下ると前方が開け霊園の最奥部に出た。振り返って見るが、これをこちら側から逆に登ろうと思っても取付はちょっと分からなさそうだ。

今日は霊園にどうも付いている。登山口と下山口が霊園とはあまりうれしくない。
ここは呉市中央霊園とあり広大な墓地となっている。取付から霊園入口までおりるのに約75mの高低差で13分もかかった。
前方に二河川にかかる上山手橋が見えるところまで下った山手2丁目で道を左にとる。
ここから鍋土峠までは中国自然歩道となっており、道標によると約4.1kmの道のり。舗装道路を標高差200mを登ると車のある鍋土峠に着いた。


・・・・・・・・・・
旧車道から南側下山の取付 下山途中からの灰ケ峰展望
踏跡は薄いが所々リボンがある 尾根に沿って踏跡はついている
途中からリボンは消えるが踏跡はある 左側の谷側は雑木林
たまに木間から展望が(灰ケ峰) 目を右に振ると呉市街の向こうに休山も望める
踏跡薄いが時々はっきりとしている 立派な孟宗竹の林に出る
竹林が終わると呉中央霊園の最奥部に出る 霊園入口付近から見た鉢巻山展望

鍋土峠への道から二河峡にある岩峰を 開花したヤブツバキ
蕾も膨らんでいた ヤシャブシの蕾




 [ルート&タイム]

 鍋土峠寿光園霊園入口(230m)
  ↓0:04
 寿光園内取付(250m)
  ↓0:08
 送電鉄塔No16分岐(290m)
  ↓0:13
 送電鉄塔No17(330m)
  ↓0:18
 旧車道分岐(390m)
  ↓0:01
 鉢巻山頂(400.1m)
  ↓0:01
 旧車道分岐下山取付(390m)
  ↓0:36
 竹林(180m)
  ↓0:04
 霊園最奥部下山口(130m)
  ↓0:12
 呉中央霊園入口(60m)
  ↓0:05
 山手2丁目分岐(30m)
  ↓0:45(中国自然歩道4.1Km)
 鍋土峠寿光園入口(230m)


 (注)標高・所要時間は概略参考