広島県東山県郡豊平町  (928.4m)・・・・・・
2003. 1. 13
雪見山行には積雪量もちょうどよい素晴らしい展望の山

どんぐり村からの龍頭山の展望



今日は朝から天気も良くて絶好の登山日よりで、雪見山行ということで豊平町の龍頭山に登る。
最近、広島県も大雪に見まわれ、豊平の集落も未だ除雪した道路以外はまだ雪で銀世界となっている。雪を期待していただけに期待どおりに頬がゆるむ。
いつもは龍頭山登山口バス停から登って掛札バス停に下ることが多かったが、今日はいつもと逆コースをとる。

掛札バス停を出発点として別荘地を北上。別荘地内の道は途中まではしっかり除雪され雪はないが、朝が早いため溶けた雪が流れて道が凍ったところもあり要注意。
広い別荘地は上に上にと続いており、家がまばらになると道の除雪もなくなり白い雪の上を歩くようになるが15cm程度の積雪。
別荘地の最上部手前の左側に登山口の案内標識と階段、と言っても雪で埋まっているが、ここが取付。

北斜面にトラバース気味についた山道を登っていく。登るにしたがい少しづつ積雪は多くなってくるが、このところの暖かさで雪もやわらかく滑り易い。
しばらく雑木林の中を登っていくとヒノキの植林に変わる。この辺りになると30cm以上はあり、階段もどこにあるのか雪に隠れて全く分からない。一人でトップを行くのは疲れるので交替で前を行く。
山頂尾根が近くなるにつれ雪もさらに増え、雪質も良くなり踏みしめるとキュキュと音がする。周りが少し開けてブナの木が見られるようになると山頂も近い。
前方に空が望め最後の急登を登ると山頂である。途中多いところで40cm程度の積雪か。この程度だとワカンを使うまでのことはなかったようだ。

山頂は残念ながらガスがかかって期待した展望は全くなくがっかり。
前回登った時にはなかった立派な東屋がつくられている。ここで食事をと思ったが、風が強く山頂での食事は少々寒いので、少し北側に下ったところを踏み固めて風を除けて昼食にする。暖かい甘酒を沸かして飲んだ美味しかったこと。
そうこうしていると突然ガスが上がって360度の展望が開けてきたではないか。
西に椎谷山・牛ケ首山・大丸峰、そして遠くに深入山・臥龍山等。南には豊平の田園と集落が広がっている。東にはこれから下る中龍頭のピークとその向うに海見山・堂床山等が。そして北には龍頭山の北に続く尾根と左側の木間に燕岩が白い雪を抱いているのが見られる一大展望台である。
山頂は風が強くて雪も飛ばされてしまうのだろう、積雪はほとんどないが少し下るとズボリと雪に埋まってしまう。


掛札バス停前登山口 別荘地舗装道路も除雪がなくなると雪の道
取り付きには立派な案内標識が ここでも熊でることがあるんだって
登山道も真っ白 雪の道には足跡もない
ヒノキの樹林の中を通過 山頂が近くなるとブナの木も見られるように
最後の急斜面を登ると山頂が待っている 山頂西側
山頂標識
・・・・・・・・・・
山頂にある展望説明板と中龍頭の遠望 山頂から北への尾根
山頂西側展望(大丸峰・牛首山・椎谷山等)
山頂南側展望(豊平の集落)
・・・・・・・・・・
大丸峰 椎谷山
燕岩 中龍頭・前龍頭



下山は東側の尾根に沿って下る。積雪は膝位埋まるり結構多いがワカンは着けるのが面倒なのでそのまま下る。
道中も木々は葉がない分だけ眺めもよくて気持ちがよい。一旦下って少し登ると中龍頭のピーク。立派な東屋が新しくできている。
さらに下って前龍頭。ここにも木づくりの展望台ができており、西側の展望がよい。
ここから左側にターンし雑木林のなかの斜面の道となり展望はなくなる。
夏だとうっそうと草木に覆われて、階段の多いところであまり好きではないのだが、冬だと雪の道に明るい雑木林で自然の中にいるという雰囲気はなかなか良い。急な斜面のジグザグの道を下るといつもほとんど水の流れていない小さな黒滝がある。何と今日は立派なツララとなっており氷の柱が幾重にも立っており面白い。

さらに下って小さな沢を渡ると前方に林道が現れる。ここで沢に沿って右に曲がり谷の斜面を下ると駒ケ滝。小さな社の左側に高さ36m岸壁を流れ落ちており、水量は少ないがなかなかいい滝だ。
滝の右側の岸壁にはたくさんの大きなツララが垂れさがっているが、最近の暖かさで解けて落下しているものも多い。直径20cm位はあるので頭の上にでも落ちたら一巻の終りである。クワバラ、クワバラで早々に退散。

さらに沢沿いを下ると橋を渡り雪も少なくなったところで別荘地奥の取付に到着。立派な案内板と標識があり、トイレまでできていた。
ここからは別荘地、といってもほとんど家は建っていない不良債権のなかの寂れた道を下ると別荘地入口に登山道入口の標識がある。
どんぐり村へはさらに町道を一南に下って田園の中を通り過ぎると無事到着。
雪は多いという程ではなかったが、十分楽しめた雪見山行であった。


中龍頭への下山道からの龍頭山山頂
・・・・・・・・・・
龍頭山北側の展望 新しくできた中龍頭の東屋
前龍頭から南東部の豊平の集落展望 じぐざぐに下る下山道
黒滝のツララの造形美
水場の沢を渡る 駒ケ滝横の祠
駒ケ滝
本郷側別荘地奥の取付に下山 別荘地入口には登山道案内標識が




 [ルート&タイム]

 掛札バス停登山口(440m)
  ↓0:35
 取付(640m)
  ↓1:00
 龍頭山山頂(928.4m)
  ↓0:08
 中龍頭(870m)
  ↓0:07
 前龍頭(840m)
  ↓0:20
 水場(700m)
  ↓0:10
 駒ケ滝(600m)
  ↓0:015
 取付(500m)
  ↓0:10
 別荘地登山口(445m)
  ↓0:22
 龍頭山登山口バス停(400m)
  ↓0:04
 どんぐり村(410m)

 (注)標高・所要時間は概略参考