広島県西城町  
Part2
 (1,195.5m)
2002. 6. 29
雨はどうにか降らなかったものの、雨後の山はガスに覆われ、山頂は台風並の強風でずぶ濡れの一日。

猫山山頂



猫山と言えば切っても切り離せないのがたたら製鉄。この山はその石の採掘とこれに使用する木々の伐採が繰り返された山として名をはせている。

今日の天気予報は雨。これを見込んで早朝登山と相なった。見たところこの地も夜には雨が結構降った様子であるが、登山口に着いた時はどんよりとした雲に覆われているものの幸い雨は降っていない。

登山口は道後山を背に、猫山スキー場手前にある駐車場の奥。ちょっと道路からは分かり難いが、その入口にはちゃんと案内標識が立っている。
この周りではシモツケソウ・オカトラノオ・アキノタムラソウ・ウツボグサ等がさっそく歓迎してくれる。
細い樹林内の山道にはいると、今にも雨が降ってきそうな天気で登山道は薄暗いものの明確な道が続いている。
植林の中の道をスキー場に沿って登り、足下は安定しているものの、面倒くさがってスパッツだけしか着用しなかったのが運のつきというのか、周りの濡れた草木の滴が当たってズボンやシャツも次第に濡れてくる。

スキー場の最上部を横に見て先に進むと道は2分するがご親切にも誤って入らないよう真っ直ぐの道には誰かがひもで通行止めにしており右に道をとる。
さらに進むと道を横切って申し訳程度に水の流れる水場を通過。このあたりから緩やかな登り・下りのトラバース道が続く。
しばらくで薄暗い植林のなかにポツンと建った建物が見える、ここが2体の石像が安置されている山上さん。

道中の足下には、目立たないクモキリソウが丁度見頃、イチヤクソウやツルアリドオシのかわいい花等、次々と現れる花に目の保養にはことかかない。

アカショウマやヤマアジサイ、残り花のコアジサイを見ながら歩いて、道が少し急なジグザクの斜面となってこれを登ると少し空が開けて尾根に到着。周りも少し明るくなるがガスで全く展望はない。

これから先は尾根に沿って2次林の雑木林の中を真っ直ぐのびる登山道を登っていくと、次第に道は急坂となる。
まわりにブナやミズナラの木が現れ、しばらくで道も緩やかとなり樹林内へはいると山頂も近い。
周りはガスに覆われて遠くの木々がシルエットとなって神秘的な世界を見せてくれる。

この尾根道には、多くのササユリが今を盛りと目を楽しませてくれた。他にもコアジサイ・ヤマアジサイも続き、足下にはママコナやツルアリドオシ、シライトソウも咲いている。頭の上にあふれんばかりのたくさんの白い花をつけているのはネジキだ。
もう少し後になるとツリガネニンジン・ソバナ・ヤマジノホトトギス・アキチョウジ・ホツツジ等も楽しめそうだ。

山頂には大きな岩があり、その真中に二等三角点が鎮座しているのは面白いが、樹林の中で展望はない。
さらに、50mばかり南に行くと周囲が開けていつもなら多飯が辻山等が望める草原に出るが今日はすっぽりとガスで覆われ何も見えない。しかも東側から強風が吹き上げてまともに立っておられない。

周りの草木はたっぷりと水を含んでおり歩けば歩くほど衣服はしっかり水浸しとなった。
それでも、多くのササユリ・イブキジャコウソウ・キバナカワラマツバ・シライトソウ・イブキトラノオ・カワラナデシコ等草花も結構楽しめる。
トゲがあってへびも登らないというヒロハノヘビノボラズやシモツケ・ヤマツツジ等の木の花も多い。

今日は早く登り始めたので、まだ昼食には少々早い。このような天気では長居は無用。
一応山頂周辺の草木の花々を楽しんで下山開始。

登りは植物を楽しみながらゆっくりと登ったももの、下りは再度植物を確認しながら下るだけで1時間もかからない内に登山口に到着した。しかし、頭の先から足の先まで水浸しのいい男の一丁出来上がり。こんな日を選んだのが運のつきというのか2週続けての濡れねずみという結果に終わった。


・・・・・・
案内標識のある登山口 しばらく植林の中を登る
スキー場上部の登山道 スキー場上部からのガスに覆われた道後山展望
水場の水もチョロチョロ 石仏のある山上さん
雑木林のトラバース登山道 雑木林の続く尾根道
最後の急登が続く ミズナラが見られると周りも広がる
ブナとミズナラの混じる登山道 空が見えてくると山頂も近い
山頂は大きな岩の上 岩の上の二等三角点
山頂南のガスに包まれた草原




 [ルート&タイム]

 登山口(680m)
  ↓0:50*
 スキー場上部(900m)
   ↓0:10*
 山上さん(950m)
  ↓1:30*
 猫山山頂(1195.5m)
  ↓0:50
 登山口(680m)


(注)標高・所要時間は概略参考
  特に登りは観察しながらの時間 

  



この山の夏の花達

草の
アキノタムラソウ シモツケソウ
オカトラノオ イチヤクソウ
・・・・・・
クモキリソウ
・・・・・・
クモキリソウ アカショウマ
ママコナ ササユリ
ホタルブクロ オオヤマフスマ
ハクサンタイゲキ
シライトソウ イブキジャコウソウ
イブキジャコウソウ
カワラナデシコ イブキトラノオ
キバナカワラマツバ

木の
イワガラミ ミヤマハハソ
アクシバの蕾 ツルアリドウシ
コアジサイ ヤマアジサイ
ヤブムラサキ ネジキ
ハンショウズル フウリンウメモドキ
シモツケ イヌツゲ
ミヤマイボタ
ヤマボウシ コゴメウツギ
ヒロハノヘビノボラズ
ミヤコイバラ ヤマツツジ
スノキ


もどる