広島県高野町    (標高不明:ピーク820m)
2002. 4. 28
広島県でも最も奥深い地域にあるマイナーな山。

ブナ林の尾根



広島市から県内では最も遠い高野町の最北西部、ここに行くまでも結構時間がかかり大変だ。
今日は高野町のボランティアが紹介していた、あまり一般的には知られていない指谷山国有林地域の指谷山に挑戦することとする。
何しろ高野町でも更に神之瀬川の上流でここまで行くのもちょっとやそっとじゃ行かれない。
クマ注意と紹介されていたので、分からない山だし、一応スズとクマスプレー持参で望んだ。

登山口には指谷山国有林を示す標識があり。道端の空いたスペースに駐車。登山口はヤブ化して分かり難いが林の中に入ると明確な踏み跡があり迷うようなことはない。
一旦小さな尾根まで竹林を見ながら登るが、すぐにトラバース気味に下って沢を渡る。
石伝いに沢を越えると、ここからが本当の登りで、谷を眼下に見ながら斜面についた道を登っていく。
今年は暖かいのか、既にスミレ類やエンレイソウ・コバノミツバツツジ等ははもう終わっているが、イチリンソウ・ラショウモンカズラ・イカリソウ・ナツトウダイ等は丁度見頃。頭の上にはミヤマガマズミが白い花を咲かせている。

登りでまわりを見ると木々は新緑がまばゆいくらい美しい。森林浴を楽しみながら登っていくとブナやミズナラが次第に増えてくる。
木漏れ日の中をさらに進んでいくと道沿いにはイワカガミが美しい花を咲かせて目を楽しませてくれる。なんとイワカガミの花の多いこと。
ブナやミズナラの大木に加えて、ヤマモミジやハウチワカエデ等の木々が多く、秋にはさぞかし素晴らしい紅葉が見られることだろう。

登るにつれてブナやミズナラが大きくなって太さも1mはゆうにあるようなものまで見られる。道沿いにはすでにミヤマヨメナまで咲いている。ミツバツツジは既に花を落としているがヤマツツジはこれからのようだ。
踏み跡をさらに進むと尾根に到着。紹介されたものにはどうもここが山頂のように書かれているが、どうみてもここは尾根の鞍部。

まわりにはブナの大木が多く、この新緑には見とれてしまう。
しかし、山に登りにきたのだからピークに登らなければ面白くない。
幸い尾根には左右に踏み跡がありどちらにも登ることがてきるようだ。さらに真っ直ぐ踏み跡は続いているがこれは赤来町の方向に下るのだろう。

考えた末、右に道をとり急なブナ林の中の道を登る。足下にはイワカガミの群落がどこまでも続く。純白あり、淡いピンクから濃いピンクまで色とりどりである。
しばらく登るとやや平坦な尾根に出て、東側に麓の集落と遠くの山並が望めるようになるがまだピークではない。
まわりを見るとユズリハが結構多くつぼみをたくさんつけている。ウスギヨウラクの木も多く花をたくさんつけているがもう少し遅いのか花びらは少し落ち始めている。

さらにしばらく進むとやっとピークらしきところにきた。
結局指谷山頂はどこだか分からずじまいだったが、この奥深いブナの森を独り占めした気持ちは爽快そのもの。
もう時間も大分食ってしまった。ここらで退散することとしよう。
こんな広大なブナ林がまだ残っているところがあったとは知らなかった。これだけでも今日この山に登ったかいがあったというものであろう。
どうやら後から見て見るとこの尾根をそのまま進むと大万木山に続き、草峠から南東にのびた尾根につながっているようだった。

下りは往路を鞍部まで下り、登った道をそのまま下る。
今度来る事があったら、鞍部を左に道をとりピークから望めた南西の山頂に挑戦してみたい。
新緑は最高の今日の山は植生はいまとつの山で、山頂も不明であったけれど、これだけの広大なブナやミズナラの森を堪能し十分満足できた一日であった。

(H14.5.1追記)
後日、指谷山について高野町役場に問い合わせたところ、この周辺の山の総称を言っているとのことでした。どのピークが山頂というのではないようです。私の得た情報に書かれていた尾根の峠を山頂と記載してあったのは誤解するのでもっと分かりやすく書けばよかったとの話でした。
(H14.6.1追記)
後日、西村ふうふう会さんより、指谷山の山頂は私の登ったピークからさらに尾根を北東に行った次のピークであるとの情報をいただきました。また、島根県赤名町から登った方が分かり易いことも判明しましたので、再度挑戦をしたいと思います。

国有林標識のある登山口 竹林の登山道
ブナの混じる登山道 ブナの新緑
登山道は森林浴満点 新緑のシャワーを浴びながら登る
  
新緑のブナ3態
新緑の中の最後の登り 通称山頂?の尾根鞍部十字路
尾根道沿いのブナ林 樹林に囲まれた尾根道
尾根ピーク周辺のブナ林
尾根道からの東側展望




 [ルート&タイム]

 登山口(450m)
  ↓0:20
 沢(455m)
  ↓0:50
 尾根鞍部(山頂?)(690m)
  ↓0:40
 尾根ピーク(820m)
  ↓0:25
 尾根鞍部(690m)
  ↓1:00
 登山口(450m)

(注)標高・所要時間は概略参考
 



この山の
・・・・・・
ナツトウダイ ニシキゴロモ
エンレイソウ イカリソウ
ラショウモンカズラ ミヤマヨメナ
ギンリョウソウ ミヤマガマズミ
シユンラン マルバウツギ
タニギキョウ ミヤマシキミ
イワカガミ イワカガミシロ花
イワカガミ
ウスギヨウラク ウスギヨウラク
コバノミツバササジ ユズリハのツボミ


もどる