広島県湯来町   (837.1m)
2002. 4. 7
自然いっぱいの登りはよいよい、下りは舗装道路に雨と風で散々。

古塚からの阿弥陀山遠望



今日は朝から薄曇り、午前中は所用があったので家で昼食を済ませると、山の虫が泣きだした。
急遽近くの湯来町の阿弥陀山を選んで家を出た。今日の目標は広島近辺では東郷山とともにこの山で見られるエイザンスミレ。急な登りの多いことで有名な山だが、まあどうにかなるだろう。

出発地点は国道433号の大森神社横を詰めた別荘団地の奥。
下りのことも考えて登山口の手前の道路端に駐車し登山口まで少し舗装道路を南に歩き、阿弥陀山憩いの森の登山口から山道にはいる。
この辺りはミツバツツジも8分咲き。少し進むと杉と檜の立派な植林の中の道となる。この薄暗い道が当分続くが結構急坂の連続。
当然のことながら花はほとんどないに近い。低地でもよく見られるヒメナスミレとタチツボスミレが見ることができたたけ。目的のエイザンスミレは葉だけは確認てきたもののまだ咲いていない。
飽きるくらいの植林の中からやっと出ると明るい雑木林が広がっていた。
早速足下にミヤマシキミの群落が続く。花も5分咲きくらいでこれだけあると壮観だ。
おっと、まわりをよく見るとシキミの木も多く、今が盛りと花をつけている。
急なまっすくな道がずっと続くが雨後で滑り易い。周りがコナラ・クマシデ・アセビ・タカノツメ・ウリハダカエデ・ソヨゴ・リョウブ・クリ等の気持ち良い雑木林である。その間ミヤマシキミとシキミの花はずっと続く。
少し平坦になるとササが増えて少し周りの様相も変わってくる。
クロモジは花を満開に開いて黄色の固まりに見えるが、ミツバツツジはたくさんあるものの植林を出てからはつぼみすら付いていない。この辺りはまだ結構寒かったんだ。
再び上りとなって平坦になると展望台のある山頂に到着する。

三角点はその東に鎮座しているが、珍しいことにコンクリート柱に建設省のプレートを張り付けたもの。
いつもなら360度の展望のはずだが今日は山頂の周りはガスで覆われてさっぱり何も見えない。残念の一言。
そばでウグイスカグラが可憐な花をつけ、せめて私くらいは見てよと歓迎してくれた。

早々に尾根道をさらに西にとり一旦少し下って登り返す。この辺りはアセビが多くまだ寒いのか花が残っている。
しばらく登るとマイクロウエーブの中継所が見えこちらにも山頂への標識がある。
西峰に行ってみたいが今日は時間がない。中継所前に北側に向けて標識はないが下る道があるのでここを下る。

入り口は狭いが一旦下山路に入ると落ち葉で敷きつめられた雑木林が広がった中にでて、るんるん気分のプロムナードのロード。しかし、北側だけに木々はまだまだ冬景色。
下っていくと左に送電鉄塔が見え道がついている。見たがりやの自分はちょっと寄り道をして鉄塔へ。西広島幹線No116号とある。鉄塔越しに東郷山がよく見える。
再びもとの道にもどり気持ちのよい雑木林の中を進む。途中大きなツゲの大木がある。手で抱いてみても半分くらいしかつかめない。
同じような雑木林の中を下っていくと再び植林の中の道に入る。
しばらく行くと突然送電鉄塔115号に出るが展望もなく、ここはまっすく横切り植林の中へ。
途中谷筋が開けブッシュ気味の中に登山道がある。イバラが邪魔で歩き難い。夏は刈ってくれないと少々つらいところだ。
送電鉄塔114号に到着。東側に東郷山と麓の町並が展望できる。キブシがいっぱい花をつけスミレがたくさん咲いている。
ここを左に折れて再び植林の中の急な下りに。ホウチャクソウがツボミをつけている。こちらのエイザンスミレはだろう?・・・おっ、咲いてる咲いてる、やっと目標達成。
たくさんあるミヤマカタハミは昨日の雨からまだ花をつぼめて開いてくれていないようだ。
さらに植林を下ると山の中の舗装された道に出る。山沿いのこの道をさらに下っていくと車を駐車した出発点に逆から戻る。出足が遅かっただけにここに着いた時は既に4時半を過ぎていた。

 

・・・・・・
憩いの森登山口 急登の続く植林内登山道
雑木林登山道 登山道
山頂展望台 山頂三角点周辺
ちょっと変わった三角点 ササの登山道
中継所周辺 中継所前下山口
気持ちよい下山道 下山道のツゲの大木
下山口 出発点




[ルート&タイム]

大森奥駐車箇所(440m)
 ↓0:08
憩の森登山口(450m)
 ↓0:35
植林から雑木林(680m)
 ↓0:30
阿弥陀山頂(837.1m)
 ↓0:27
無線中継所(880m)
 ↓0:09
No116鉄塔(790m)
 ↓0:16
No115鉄塔(680m)
 ↓0:10
No114鉄塔(630m)
 ↓0:20
舗装道路(450m)
 ↓0:04
大森奥駐車箇所(440m)

(時間と標高は参考値)
 



この山の
・・・・・・
ナガバノタチツボスミレ タチツボスミレ
ニオイタチツボスミレ シハイスミレ
シキミ シキミ
ミヤマシキミ ミヤマシキミ
ウグイスカグラ クロモジ
キブシ ホウチャクソウつぼみ
エイザンスミレ コバノミツバツツジ
アセビ まだミヤマシキミの実が


もどる