広島県海田町・熊野町  城山 (592,5m)ーーーーーーー

海田町と熊野町の境界にある安芸アルプスの一画をなす城山を海田町側から歩いてみる

縦装路からの城山遠望

このところ鉾取山から金ケ燈籠山につながる安芸アルプス縦装登山が人気のようであるが、このたびはこの一画にある城山を目指して海田町側の三迫登山口を登り、海田キャンプ場登山口に下山するコースを歩いてみた。
最近は三迫コースを登る人はいるようだが、海田キャンプ場コースはあまり聞かないのでどのようになっているのか楽しみにして出かけた。

登山口までは三迫登山口に一番近いところまで行ってくれるのが芸陽バスの三迫行きなのでJR海田駅口から乗車し終点の三迫で降車する。
最近はまわりに住宅団地が増えてここから登山口までがまるで迷路のようで人に聞きながら進む。
バス停からはそのまま真直ぐ道なりに進み、550m位進んだ所にある橋を左に渡る。さらにこれを200m進んだところを右に曲がり支尾根への上りにかかったところが登山口である。

[三迫登山口から赤穂峠]
登山口からは舗装された道が終って細い草道に変わり支尾根の西側斜面を登っていく。道端の石垣に一面ユキノシタの花が咲いて美しい。
すぐに竹林の中に入りしばらく進むと雑木林や杉の植林などが続き、少し開けた尾根に送電鉄塔が現れる。ここを過ぎると展望も全くない雑木林のなかの坂道を登っていく。これと言った植物もなく花が咲いているものも全くなく少々寂しい。

尾根が近くなつたと思ったら、目の前に大きな岩が目にはいる。「史跡、仏の顔」と書かれた案内板が立っており岩の手前には石段と以前は祠も建てられていたと思われる跡が残っている。岩の上にたくさん咲いてたヤマツツジは印象深かつた。通称「仏岩」と言うらしい。

さらに進むと三差路があるので、よく見るとまっすぐは送電保守路で右に曲がって赤穂峠に向かう。
尾根道の手前で登山道はじめてのかわいい草花が数株・・・よく見るとタツナミソウだが今の時期よく咲いてくれていたものだ。ちょっといい気分で赤穂峠に到着。

せっかくだから南側の尾根道を少し登り、送電鉄塔からこの尾根道から東西の眺めを堪能する。
少し登ると左に海田町から広島市街の眺めが一望でき、そして少し上がって鉄塔横からは熊野町と周辺の山々を望むことがでる。このルート唯一の展望台である。


・・・・・・・・・・
バスの終点を降りたら真直ぐ進みこの先を左に ここが赤穂峠への登山口右へ
緑の小道を樹林の中に まずは竹林を通過
しばらくで送電鉄塔 仏岩
落葉で埋もれた雑木林か続く 案内標識に従い右に、真直ぐ行けぱ行き止まり
赤穂峠、左城山、右金ケ灯篭山・送電鉄塔 尾根に立つ送電鉄塔、周りは展望良
送電鉄塔からの広島方面展望(左黄金山・広島市街、前方海田町・広島市安芸区・日浦山・岩滝山・左高尾山など)
送電鉄塔からの熊野方面展望(前方熊野町・左小田山、右石岳山など)



[赤穂峠から城山山頂]

一旦赤穂峠に戻り尾根道に沿って登っていく。最近山から遠ざかっていたので久しぶりの坂道は結構しんどいが気力で頑張ろう・・・と思っていたら目の前にササユリが三つ花を咲かせてまだ何とか見られる姿をでまっていてくれた。

尾根道は上り下りの登山道には木段が、所々で木間からも周りの眺めが見られるように樹木も間伐され明るくて整備されているところも見受けられるがなかなか気持ちが良い。案内版は依然より増えて分かり易くなった。
全体的にはあまり変わり映えしない雑木林が続くので少々面白味がない。   

小ピークを越え最後の急斜面を登ると前方に大きな岩が立ちはだかっている。ここは左に少し下って岩を巻いて通過。

なだらかな道を進むと城山山頂に到着。
途中オオバノトンボソウがいくつも見られたところもありササユリとともに目を楽しませてくれた。


・・・・・・・・・・
一旦赤穂峠に下り、尾根道を城山に 最近付けられた立派な案内標識、ここは右にターン
前方に大岩あり 一旦下って左側をトラバース
あちこちで岩のある尾根を進むと 592.5mの山頂三角点に到着
-
〔城山山頂から海田キャンプ場登山口へ下山〕

山頂を北に進むとすぐに急な岩の斜面を下る。ロープもあるが必要ないかも。 しばらく緩やかな上り下りをくり返しながら雑木で囲まれたなかを標高470mくらいまで一旦下って538mのピークまで登り返すとあとは古峠に向けての下りとなる。

尾根の鞍部が一段と切り落ちたようになって東西に下山道が分かれている古峠に到着。
昔は熊野町から海田町を行き来する峠道のひとつだったようであるが、今は興味深い登山者しか通らないようだ。

峠の案内板には「荒れ道、危険」と表示してあるが、どの程度の道なのかは情報も乏しく歩いて見ないとよく分からない。
まあ登山道として残っているのであるからあまり気にせずにまずはスタート。

谷に沿ってじぐざぐにつけられた道は石ころと落葉で埋もれた坂道は分かり難く滑りやいの注意が必要。あまり歩く人も少ないようで踏み跡もはっきりしないところも多くいが、赤いテープが所々に取り付けられているのでこれは大いに助かる。
所々で見られる樹林が途切れ日当たりのよいところではこれまた雑草がのび放題で道を覆っており場所によってはよく確認しながらて進む。

途中から沢沿いの道に変わり延々と続くがなだらかな坂となり少しは歩きやすくなる。
周辺の展望もほとんどなくどこを歩いているかはGPSが頼り。

昔は田か畑だったと思われる石垣の上に植林されているのが周りに見られるようになるが中々人家のあるところに出ない。こんなところまで農作に来ていたのかと感心することしきりである。

やっと前方が開けてきたと思ったら海田キャンプ場の横に出る。ここではにぎやかに催しがなされていた。
すぐ隣には大山祇神社の山門があり興味はあったが、参道はずっと奥迄続き長い階段を上がらなくてはならないとかでパス。

キャンプ場からは川沿いまで団地のなかを歩いて下り、町が運行しているふれあい循環バスの海田キャンプ場口停留所からJR海田駅まで行った。

今日はこれと言って取り上げるものはなかったが一味違った山歩きができ、これもまた楽しい一日であった。

-
・・・・・・・・・・
山頂わ少し北に進むと急な岩場を下る(ロープあり) 平凡な上り下りの尾根道が続く
古峠(左の海田キャンプ場登山口に下山「荒れ道、危険」とあり) 確かに足元が不安定で歩き難い要注意の道が続く
草地は草ぼうぼうで道を覆いかき分けながら進む 海田キャンプ場登山口に下山
その隣にあったのが大山神社、祠は石段はるか上のよう キャンプ場入口バス停




 [ルート&タイム]

 三迫芸陽バス停(50m)
  ↓0:20
 三迫登山口(100m)
  ↓0:10
 支尾根送電鉄塔(230m)
  ↓0:40
 仏岩(405m)
  ↓0:09
 赤穂峠(460m)
  ↓0:01

 尾根送電鉄塔(470m)
  ↓0:01
 
赤穂峠(460m)
  ↓0:50
 城山山頂(592.5m)
  ↓0:15
 ピーク(508m)
  ↓0:05
 古峠(490m)
  ↓1:00
 海田キャンプ場下山口(140m)
  ↓0:10
 キャンプ場入口ふれあいバス停(70m)

 (注)標高・所要時間は概略参考 
   休憩含まず実質歩行時間記載



草・木の花
・・・・・・・・・・
ユキノシタ タツナミソウ
ササユリ ササユリ
オオバノトンボソウ コモチマンネングサ
イチヤクソウ ハルジオン
ヤマツツジ ヤマツツジ
コアジサイ ネジキ
ソヨゴ ナツハゼ


もどる

2014. 06.08