山口県徳地町   (937.3m) 
2002. 3. 24
新たに登山道が整備された飯ケ岳、大好きなブナ林に魅せられて登ってきた。



登山道尾根からの山頂


腰の調子もまあまあとなったことだし山の虫も泣きだしたところで、今日は試運転をかねて久しぶりに山に。
広島から120kmとは少し遠い徳地町の飯ケ岳だが、大好きなブナ林の魅力にはかなわない。
以前は背丈を超えるササの中を道を確認しながら登らなくてはならないヤブ山だったが、最近新たに登山道が整備されたおかげで、山口県には数少ないブナ林を堪能できるコース整えられたとのことでこの山を選んだ。

徳地インターから国道489号線を北にとり大原湖北の釣山橋を右に折れ三本杉目指して谷筋の道を行くこと30分、沢のほとりに樹齢200年を超えるいう3本の大きな杉も見られる。これを右に見過ごして少し進むと登山道の案内板のある駐車場が登山口。

登山道は沢コースと尾根コースがあるが、一般には尾根コースをとるのがいいだろう。
沢を渡り登山道は雑木林の中に立派な道ができている。少し行くと滑マツという当地に自生する200年を超える立派なアカマツの大木があり、木質か良いことから皇居造営用材や錦帯橋修理用材にも使われたというこの木の後継樹を育成している場所にでる。
さらに雑木の中につくられた道を進むと左が開け谷の向こうに滑マツの自生地が望めアカマツの大木がササの林床にそびえている。
ブナも所々で見られるようになり、沢からブナ自然林コースとの分岐につくが、今日はまずは尾根道を歩いてブナ見物は後の楽しみにしておこう。
登山道の周りにはミズナラ・コナラが混生、アカマツ・アセビ・ウリハダカエデ・タカノツメ・ネジキ・ソヨゴ・リョウブ・ナツツバキ・サカキ・ヒサカキ・ミズメ・ハイノキ等お馴染みの木が多い。シキミは薄黄色のかわいい花をつけていた。これは時期を変えて来ても楽しめそうだ。
尾根の左をトラバース気味に登っている道から、途中右の尾根に向けて分岐しているいかにも最近できたような細い道にはいる。カラスザンショウの棘のある大木も多く目につく。背丈を超えるクマザサのなかに道はつくられておりこれを進むと尾根に出て周りの展望が開ける。
一旦下って今度は尾根の右側をトラバース気味に登り、再び急な尾根道を進むと飯ケ岳に続く稜線に出る。この辺りの高さになると登山口周辺では既に終わっていたアセビも花が満開である。標識があり左「ナメラマツ生立地」右「飯ケ岳」とある。見たところ滑マツ自生地へはヤブコキを覚悟して行かねばならないようだが、ここは右の立派な登山道を進む。
道は稜線に沿って真っ直ぐついており結構急な道である。
稜線の西側は2次林だが左側は自然林のようでブナも多くなってくる。道が緩やかになると山頂に到着。真新しい山頂標識と三等三角点が鎮座している。
周りはすっかり木が切られて360度の展望を楽しめる。
下りは稜線を更に東に向けて下り少し行くと、以前鹿野町から登っていた登山道が左手から上がっている。相変わらずササヤブの中の道ようだ。
鞍部に下って右に折れるといよいよ期待のブナ林にはいる。ササの林床にブナの原生林が続く。道は谷の左斜面に沿ってつけられている。この道をつけるのも大変だったことだろう。おかげでブナ林がよく見わたされるようになったのだからお礼を言わなくっちゃあ。
このブナ林にはヤドリギが目立って多い、こんなに多いのも珍しい。ブナ林の少ない山口県の山では珍しく広大なブナ林である。この地独特のアカマツの大木も混じってなかなか見応えがある。
沢まで下ると石伝いに少し沢の中を進むと滝コースと登りの尾根道につながるコースへの分岐に到着。標識もあり今日は一般コースをとり尾根の道に戻り登山口まで下山した。

下山後、沢コースを一般コース手前まで遡上してみたが、明確な道はなく沢の中を石伝いに足場を探しながらのルートで滝などもありこの横の急な岩を登る等一般向きではなさそうだったが、この沢沿いにはアブラチャンが多く、花も満開でよくきたなと歓迎してくれた。


・・・・・・
登山口案内板 ナメラマツ
ナメラマツ立生地 ナメラマツ育成地説明板
ブナ林方面下コース分岐 左コース登山道
尾根へのクマザサの道 稜線ナメラマツ立生地と山頂分岐
山頂への登り登山道 山頂三角点

山頂東から北展望(右から弟見山・高岳山・野道山・十種ケ峰
山頂西から南展望

・・・・・・
十種ケ峰 高岳山
弟見山 長野山
ブナ原生林案内板 ササ床のブナ林
ブナ林登山道 登山道沿いのブナ
ブナにはヤドリギが多い ナメラマツ
沢が登山道 沢から下コース・滝コース分岐

FLOWER
シキミ アセビ
ヒサカキ アブラチャン
ヤブコウジ サツマイナモリ


 [ルート&タイム]
)
    

 登山口(580m)
  ↓ 0:30
 左・下りコース分岐(760m)
  ↓ 0:30
 ナメラマツ・山頂分岐(875m)
  ↓ 0:10
 飯ケ岳(937.3m)
  ↓ 0:40
 滝・下りコース分岐(730m)
  ↓ 0:10
 左・下りコース分岐(760m)
  ↓ 0:25
 登山口(580m)
                                               (標高とタイムは参考)



もどる