MIGITAGADAKE  (426m)    
山口県防府市


20011209


この山にこだわる人の多い岩の山で既に6000回登頂者も、バライティに富んだコースは楽しめる山

右田ケ岳遠望



 今日はグループに参加しての右田ケ岳。最も一般的な天徳寺口から登り、山頂から東ノ峰を経由して塚原登山道(上右田Aコース)の尾根を下るおなじみのコースである。

 天徳寺の山門の前に立つと、その後ろに威圧するがの如く前山の岩峰がそそり立っている。
 境内にはいると樹齢800年といわれるイチョウの大木の大きさに驚かされる。本堂の左側の奥に登山口はあるが、なんと「11月12日に体長1mのクマが出没したので注意!」との案内板が取り付けてあるではないか。こんなところまで出てくるなんクマさんも住み難い世の中になったものである。
 墓地を後に山道の登りにはいる。小木に囲まれた細い道を少し進むと突然周りが開けて大きな観音さんの彫られた二段の岩の前に出て前岳への登りにかかる。さらに進むと登山道の周りの大きな岩のところどころ観音さんが彫られて登山者を導いてくれる。
 登るにつれて足下の岩も多くなり、道も急になってくるが良く歩かれておりまず迷うことはない。
 最後の急登を登ると前山に到着。山頂にはトレードマークの国旗が掲げられている。なぜこのような旗を建てたのかは不明。360度の展望で北側のこれから登る右田ゲ岳の岩壁は壮観である。

 一旦鞍部に下り再び登りが始まる。何しろ岩が多いのでヨイコラショと力がはいるところが多い。 岩峰だけあって土地は肥えてないのかアラカシ・シラカシ・ヤマモモ・ヒサカキ・マテバシイ・クロキ・ヒメヤシヤブシ・ヒメメユズリハ・ネジキ・ソヨゴ等と植相は薄い。
 その中にあって、道中に多く見られ、特に目をひいたのがカナメモチである。赤い実をどっさりつけてまるで赤い花が咲いたように美しくつい見とれてしまう。
 西ノ峰・中ノ峰の岸壁を前方に見ながら、次第に急になってくる岩の道を登ると標識のある西ノ峰と中ノ峰山頂の鞍部に着く。
 左に西ノ峰に行くと勝坂口に下ることができるが、ここは右に道をとりしばらくで大きな岩のある中ノ峰の右田ケ岳山頂に到着。ここにも国旗が掲揚されている。

 今日は晴天の日曜日とあって登山客も多い。ツアー登山者もあるようで、まさに山頂は満員状態で座るところを探すのにも苦労する。
 岩を降りた広場の真ん中に四等三角点が鎮座している。ここは城郭のあった跡なのか石垣が今も残っている。
 南の岩の上からの展望は、南から東側にかけて西ノ峰・前山の稜線、その後ろに防府市内から瀬戸内海、東に大平山・矢筈ケ岳等180度の眺めは素晴らしいの一言。
 また、山頂の北側にいくと東ノ峰につながる尾根とその後ろに広がる山々が一望できる。西側は樹木があり一望とまではいかないが、その間から西鳳翩山等西から北西側の山並みを見ることができ、山頂はまさに一大展望台である。

 下りは北に道をとり塚原への道を下る。予定では上右田Bコースも考えていたが、こちらは不明瞭なところも多いようなので、今日はグループであることも考えて、分かりやすい塚原口への上右田Aコースの尾根を下ることとする。
 山頂から尾根沿いに樹林の中を最初のピークを巻いて一旦鞍部まで下り再度登ると東ノ峰。ここも周りが開けて眺めがよい。
 更に常緑樹の原生林の中にある上右田Bコースとの分岐へ。標識はあるがBコースへの道は不明瞭で、あまり歩かれていないようだ。Aコースへは樹林のなかを主尾根から緩い右カーブで支尾根に向けて明瞭な道がついておりこれを下る。
 足下にはシダが多くなって周りの木も小木の中の尾根道となる。登りに比べると傾斜も緩やかでところどころ岩があるものの歩き易い。
 途中青黒い実をたくさんつけたつけたカンザブロウノキらしき目立った実のついた木があるが名前がよくわからない。(後日追記:あとでQJYさんも行かれて「クロバイ」との正解をいただきました)
 同じような道をひたすら歩き続けて樹林の中に入ると登山口も近い。周りが原生林から二次林となりこれを出ると寺の跡に到着。ヤブツバキがほとんどつぼみのなか何輪か早くも花を開いている。

 ここが登山口で石段を下ると舗装道路に出る。まわりは一変し田畑・民家の多い景色に変わる。
 この道を南に15分程度歩くと月の桂の庭がある。ちょっと除いて見ようと思ったが残念ながら今は閉鎖されていた。更に5分ばかり進むと今日の登り口であった天徳寺に着く。



天徳寺コース登山道
登山口の天徳寺と圧倒する前山 登山道の岩には観音さんが 岩の登山道
前岳山頂にも国旗が 前岳からこれから登る山頂展望 山頂東面の岩壁
登山道の岩 急登の岩場が続く 西ノ峰・中ノ峰分岐鞍部
山頂の展望所には国旗が 山頂から前山への尾根 山頂三角点周りは登山者でいっぱい

山頂展望
南から東方面展望(大平山・防府市街)
北側東ノ峰方面展望 北西西鳳翩山面展望

上右田Aコース下山道
シダに覆われた下山道 上右田A.Bコース分岐 下山道の岩
こんなところが続く下山道 上右田Aコース下山口


[ルート&タイム]

天徳寺登山口(30m)
 ↓0:25
前山(190m)
 ↓0:50
西ノ峰分岐(395m)
 ↓0:05
右田ケ岳山頂(446m)
 ↓0:10
上右田B分岐(395m)
 ↓0:50
上右田A登山口(30m)

注:時間と高度は参考

木の
ヒメユズリハの実 ソヨゴの実
カナメモチの実 カナメモチの実
クロバイの実(あとで判明) タマミズキの実
ヤブツバキ


もどる