DOUDOUYAMA   (559.5m)  
広島県加計町


2001. 11. 10

楽に登れる、ひっそりとしたたたずまいの山頂の山。

名勝吉水園からの百々山



 天気予報に反して朝から晴れ。今回は山県郡加計町の東にそびえる百々山(どうどう山)。
 国道433号トンネル北側をはいる水谷林道がら舗装道路を登る。

 まだ紅葉真っ盛りには少し早いようだ。ムラサキシキブのピンクの実が早速迎えてくれるものの、道路沿いにはほとんど花や木の実もなく、紅葉もまだこのあたりはいまいちで少々しみしい。
 途中舗装道路から未舗装の道が左にあり、百々山への案内標識に従いこの道にはいる。樹林の中の道はジグザグに高度をかせぐ。昔、銅山・銀山で賑わったという寺尾への分岐にはこの歴史がかかれた説明板が立っている。周りはほとんど杉の植林地であまり変わりばえがしない。
 ここを少し行くと本格的な山道が左に現れ、登山口の標識に従いこれを登ると、少しで稜線鞍部に到着。この辺りから周りもようやく雑木林となり紅葉も見られて気分も変わる。
 標識に沿って稜尾根を右にとる。ここからは急な登りとなり、これが終わると平坦な三角点のある山頂だ。結構広く開かれているが周りは樹木で囲まれて展望はない。たくさんの実をつけたソヨゴ・白く紅葉したコシアブラの木が多く。クヌギ・ヤマモミジもありこちらも紅葉している。

 展望は、西に少し行くと反射板があり、ここから西北側の一部が望め、加計の町並みやその背後の山々を見ることができる。
 しかし、あまりにもあっけない山頂到着でやや気抜けの感じであった。
 下山は往路を下る。


水谷林道からの林道分岐登山口 林道登山道は植林のなか 林道からの登山口
稜線鞍部標識を右に 尾根登山道 山頂広場
三等三角点 山頂西反射板 反射板からの北西側加計の街展望



植物はこの時期やや寂しい

ムラサキシキブ
の実
クジャクシダ
テリハアザミか ヤブコウジの実
ニガウリタケ

毒だよ
クサギの実
ガマズミの実 ソヨゴの実

コシアブラ紅葉 オオモミジ紅葉

時間に余裕あり寄り道・・・深山峡
昔の深山峡を知っている者にとって、この渓谷も少々公園化され過ぎの感があるが・・・
深山の滝 サラシナショウマ
ワルナスビ コマユミの実
ヒヨドリジョウゴ
の実
シロダモの実


もどる