YOSIWAKANMURI  (1,252.7m)  
PartO(松ノ木峠コース)
広島吉和村


2001.8.4

雨天気予報が曇りになったので松の木ルートで冠山に登って森林浴は満喫したが植物の方はいまいちだったな〜

吉和の村からの吉和冠山遠望



 昨日まで雨が降っていたが今日の予報は曇り。前回はウシオ谷・クルソン谷と国体ルートだったので、今日は松の木峠のルートを行って見ることとする。
 尾根筋だから先週のようにどろんこからは逃れられるだろうとの見込みだが・・・。峠には一台の車が既に駐車。今日は先行者は一組か・・・
 登り初めはハイキングコース並の雑木林のなかに立派な道がついている。少し行くと周囲の足下にはイチヤクソウがいたるところで見られる。だがいずれも既に花は落ち柱頭のみが残っている。少し前まではさぞかしたくさんの花が咲いていたのだろう。それでも二本ほど残り花が見られた。
 最初のピークを過ぎると一旦植林の急坂を下り、再び樹林の中を登っていくとイヌシデの大木がある。
 このルートは尾根に沿って歩くのだが、西側は植林で東側が自然林となっているところが多い。まわりはカエデ類等広葉落葉樹が多いので秋の紅葉は素晴らしいだろう。カラマツ林もあるが戦後植林されたのか。さらに進とブナも見られるようになってくる。ところどころ急な坂道もあり雨後の道はすべり易い。
 ずっと展望のない景色だが、途中左手の植林のあいだから西の右谷山がのぞめるところと、ブナの大木のあるピークの展望所から南に鬼ケ城山・羅漢山が見えるのが唯一の眺め。
 一旦小木の樹林の中へ。アカショウマ・ツクバネソウ・ヤマアジサイなどが目をいやしてくれる。樹林の中は次第に木も大きくなりブナを初めとする原生林の道となる。
 いくつものピークへの急登とゆるやかな登りのるんるんロードの繰り返し。
 西冠山まではブナ・ミズナラ・スギ等の大きな木が周りを覆い、林床がササの原生林の中をいく。なかなか爽快な気分である。

松の木峠の登山口 しばらくはハイキングコース 戦後植林されたのかカラマツ林
ピークは南が開けた展望所 展望所から望める鬼ケ城山・羅漢山 ササの林床の登山道
登山道の周りは原生林 歩きやすいいい道がついている 原生林は雰囲気もいい

 寂地山と冠山の分岐には案内標識もあり、通り過ぎるいとはまずないだろう。ここから冠山まで30分とあるが、そこまではかからない。
 ここには、ブナ等の大木に混じってにナツツバキの大木が何本かある。花は足下にたくさん落ちているのだが高すぎてよく見えない。双眼鏡で覗いてみると、なるほどあるある、まだたくさん花をつけている。もっと低いところで見せてくれりゃいいのに・・・
 周りにはタイミンガサが多くなるが、まだどれも開花の準備中。なにかめぼしいものはないかとここまでキョロキョロしながら登ってきたのに、時期が悪いのかおみやげは全くない。
 冠山との鞍部はこのルート唯一の水場。せせらぎを石伝いに横断し登りにかかる。オオヤマレンゲの木がところどころで見られるようになるが、このあたりはもう花は終わっている。
 6月中旬には賑わうオオヤマレンゲの群落地はというと、さすがに盛期は終っているものの、まだいくつか花が残っている。つぼみもある。開花から1ケ月以上たっているのにまだ見られるとは思わなかった。
 山頂に到着。さすがに登山者は少ない。まわりのサラサドウダンは全て実がついている。周辺を歩いているとミヤマシグレの赤い花があった。山頂北の展望台からは十方山・恐羅漢山・大神ケ岳等まずまずの眺め。
 ここで松ノ木峠からの先行者と出会う。何と中年の女性の一人旅。相当山にも慣れている様子で一人で行くことも多いそうだ。よく行くねぇ〜。負けちゃおられません・・・。
 下山は、往路を下る。寂地分岐まで彼女と同行。我が輩は途中写真を撮るので先に行ってもらう。
 尾根ルートも結構距離があるんだね。雨後の下りは滑り易かったが、どうにか無事下山。

真っ直ぐ寂地山と右冠山分岐 冠山との鞍部のせせらぎ 冠山山頂一等三角点
山頂北からの右に十方山・恐羅漢山右に大神ケ岳の展望
大好きブナ三景

[Rout&Time]

松ノ木峠登山口(800m)
 ↓ 0:30
ピーク(1164m)
 ↓ 0:50
展望所(1240m)
 ↓ 0:30
寂地山分岐(1265m)
 ↓ 0:25
冠山頂(1339m)
 ↓ 0:20
寂地山分岐(1265m)
 ↓ 1:10
松ノ木峠登山口(800m)

(時間・高度は参考値)



時期が悪いのか・・・植物はどこでも見られるものばかりで、成果はいまひとつ

イチヤクソウの残り花 ヒヨドリバナ アカショウマ
コバギボウシ カシワバハグマ エンレイソウの実
トチバニンジン オクモミジバハグマの蕾 ニシノヤマタイミンガサ

山頂にあるミヤマシグレ まだ健在のオオヤマレンゲ
ツルアジサイ 木に巻き付いたイワガラミ この山に多はいイボタノキ
まだ残っていたコアジサイ ヤマアジサイは満開 リョウブはまだつぼみ
クロモジの実 花がついているが見えんナツツバキの大木 落花しているナツツバキの花
サラサドウダンも実 オオヤマレンゲの実はこんなんよ コマユミの実
ノリウツギ ニワトコ カエデドコロ


もどる