NISIYAMA   (475.0m)
   広島市安佐北区  


2001.5.4
可部から望む螺山




 広島周辺のガイドブックにない山、第3弾は太田川に沿った円錐形の山、螺山である。

 亀山2丁目の団地奥の林道入口に標識がありここをはいる。いつもなら車がこの道をもう少し入れるところだが、入口に車が駐車しており。団地内の空いた所に車を置く羽目になる。
 山の南側をトラバース気味に道がついており、少し行くと多く大きなクスノキが一本あり水場と書いてある。なるほど、大きな岩の間から水が流れ出ている。
 左手に阿武山が見え始め、さらにトラバースしていくと遠くに白木山と町並みが目に入る。
 頭上にはコバノガマズミの白い花、足下を見るとジュウニヒトエが多い。 ノグルミにもつぼみがついている。
 太田川を挟んで広島中央G.Cの台地とその後ろに権現山の眺望は見応えがある。

 方向を北に転じて緩やかなトラバースの登りも終わり山道となる。

シラカシ・クロキ・カシ・マキ・ヤマザクラ等から登るにつれて、コナラ・マツ・ネジキ・アセビ・ヒサカキ・コシアブラなどが多くなる。おっと、ギンリョウソウももう顔を覗けている。
 ツツジ・スミレはもう終わっており、足下にはコウヤボウキが一斉に緑の葉をつけている。特にウラジロノキは葉裏の白い4枚の葉の上につぼみをつけた姿は大好きだ。
 前から一人の中年男性が下ってきた。今日唯一出会った登山者だ。声をかけすれ違う。

登山口は団地の奥で案内板あり 登山道からの太田川、遠くに権現山 登山道は雑木の中
登山道から右前方に阿武山、左後方に白木山
道が山頂が近ずくと案内板がある 山頂手前の登山道を振り返ると阿武山が

 山頂にはNHKの中継所がとアンテナがあり、その横の広場に四等三角点がある。まわりは木が刈られチゴユリとヒメハギがたくさん咲いている。オオバギボウシの大きな葉もあり花の準備をしている。切り開かれた一部から白木山と東の町並みが望めるのが唯一の展望。
 登山道は明確で迷いようがない、気軽に登れる山である。
 さらに北に踏み跡はあったのでどこかに下れるのであろうが、今日は往路を下山。

山頂にはNHKkの中継所が 四等三角点 山頂西側から可部・白木山方面展望

ROOT&TIME

登山口(140m)
 ↓0:10
水場(190m)
 ↓0:40
山頂(475.0m)
 ↓0:40
登山口(140m)

(注)・標高・所要時間は観察を含めた概略参考値



里山の雑木林も緑が栄えて次々と花も咲かせて目を楽しませてくれる。
ジュウニヒトエ ギンリョウソウ ヒメハギ
チゴユリ コバノガマズミ
ウラジロノキもつぼみが 5葉の美しいコシアブラ コナラも一杯の花

もどる