広島県戸河内町
鎌倉寺山槍ケ峰
Part 4 (530m)


わずか数時間だったが、岩山歩きもまた楽しい

途中の小ピークからの槍ケ峰と鎌倉寺山頂遠望



午前中は所用であわただしくしていたものの、午後は少し時間がとれたので、ちょっと近場の山にでも登ってみようかと食事を済ませて家を出た。
時間を考えるとたいした所には行けそうにないしどこかよいところと考えたあげく、岩山の感触が懐かしく鎌倉寺山の岩尾根を途中まででよいので登ってみようということとした。

こんな中途半端なレポートは書いても仕方ないとも思ったが、午後から少し時間をとって登れ岩歩きを楽しめる所ということで掲載してみた。山頂までを目指したい方は別のレポートを参考にしてください。
(同じ登山口から山頂を経由して東側牛窓登山口に下山しする周回コースについては「鎌倉寺山Part3」を参照)

さっそく、広島からは最短コースと山陽自動車道で志和ICまで行き志和町から関川沿いを下る。
登山口の旧関川山荘近くの空地に駐車。時はすでに14時半なので鎌倉寺山頂までは無理としても槍ケ峰往復くらいなら何とか歩けそうだ。

早々に準備を整えて登山口より登り始める。
雑木の中の道を少し登ると、早くも所々に岩が現れそれを避けながら道は続いている。時期が時期だけに花はほとんど見られないのが残念だが、元来花崗岩のやせた土の岩山ではあまり植物は期待できないので仕方ない。

途中開けたところから南側の展望が望め、早々にここで最初の一休み。
大きな岩が次々と現れてどこを歩けばよいのか分かり難いところもあるが注意して見ればすぐわかる。
どんどん登っていくと岩尾根コースと一般コースの分岐があり手書きの案内板がある。左に登れば馬の背の下部の岩を登れ結構スリルが楽しめるが、今日は時間のことも考えて右側の一般コースをとる。

しばらくで尾根道にでるが、下から続いている馬の背の岩の上に一旦登ってピークまで進む。
突き出たピーク手前の岩は最高の展望台で南側180度のパノラマは最高である。

このピークの下りはちょっと初めてだと分かりにくいが、岩の右谷側の狭いテラスを横移動した後、ほぼ垂直に足場を確認しながら下ると次のピークとの鞍部におりる。

再び登ると三角点のある474mの南峰ピークに着くが周りは雑木で覆われて展望はなし。
さらに前に進むと平坦な雑木のなか少し通って下っていくと前方が開けて北側の鎌倉寺山手前の尾根筋から山頂手前の権兵衛山への全貌が眺められる岩の上に出る。一見の価値あり。

さらに岩の多い尾根道をいつくかの小ピークを登り下りしながら進むと千畳岩への登りとなる。
ここも岩が多いので注意しながら登っていくと大きな広い一枚岩のピークに到着。ここが千畳岩だ。
振り返ると南峰が眼前に望め、前方には槍ケ峰が。

この辺りで引き返そうかと思ったが、もうひと奮張りして槍ケ峰まで行くこととする。
一旦下って岩の間を登り返すと、やっと目的の槍ケ峰。
木間から権兵衛山が望めるが鎌倉寺山頂はこの陰に隠れている。足元に千畳岩が小さく見えその向こうに南峰と安駄山が望める。ここも一大展望台である。

しっかり汗をかいてしまったので小休止後、早々に往路を下山。思ったより時間がかかってしまつたので急ぎ足で登山口まで下った。
道中で出会った人は単独行のただ1人、一言声をかけたがベテランの年配の人らしく、山を楽しんでいる姿がありありと感じられ羨ましい。
わずかな時間であったが静かな岩山の楽しみを味わって帰途につく。


・・・・・・・・・・
旧関川荘前登山口 岩の多い登り
岩壁コースと一般の分岐 岩尾根到着
馬の背から安駄山展望 馬の背から白木山展望
さらに岩場を登ると馬の背ピーク 馬の背登山道から見た南峰南東側岩壁
馬の背ピークからの下りは岩の縁を注意しながら 南峰への登りの岩場
南峰からの下り 次のピーク手前から見た南峰
山頂三等三角点は雑木のなか
珍しく雑木とシダに覆われた道が続く 岩の多い小ピークをいくつも登り下り
千畳岩の下からピークをみると 千畳岩ピーク
千畳岩から南峰展望 槍ケ峰山頂
槍ケ峰から権兵衛山展望 槍ケ峰から南峰展望




[ルート&タイム]

 登山口(210m)
  ↓0:30
 岩尾根分岐(375m)
  ↓0:20
 馬の背ピーク(450m)
  ↓0:05
 南峰(474m)
  ↓0:20
 十畳岩(440m)
  ↓0:20
 槍ケ峰(537m)
  ↓0:20
 十畳岩(440m)
  ↓0:25
 南峰(474m)
  ↓0:30
 登山口(210m)

 (注)標高・所要時間は概略参考 




山の植物
目ぼしい植物はほとんどない
・・・・・・・・・・
ヤマグルマ ゜イチヤクソウ
ネズミサシ ナツハゼ

ちょっと寄り道
RDBとなっているチュウゴクボダイジュだが、ちょいと花には遅かった


2009. 6.25