島根・益田    韮 草 山  543.3m
NIRAKUSAYAMA



益田唯一の一等三角点の山だが・・・

 Walking Report 


[RUTE & TIME]      [REPORT] 
  (高度は参考値)

 山口バス停(260m)
  ↓ 0:15
 登山口(290m)
  ↓ 0:05
 大元神社(350m)
  ↓ 0:15
 山道入口(350m)
  ↓ 0:30
 尾根峠(490m)
  ↓ 0:125
 韮草山頂(543.3m)
  ↓ 0:03
 西峰(540m)
  ↓ 0:03
 韮草山頂(543.3m)
  ↓ 0:40
 山道入口(350m)
  ↓ 0:11
 登山口(290m)
  ↓ 0:15
 栃山口バス停(260m)

 時間は観察しながらの参考
 
  

栃山口から韮草山への標識に沿って沢にかかった橋を左折れ。舗装道路を進むと、さらに三叉路がありここの標識にしたがい真っ直ぐ行くとすぐに左に登山口の標識。
あまり歩かれた様子のない草の中を大元神社に。ここから道は消え、どこじゃろうかと探していると神社から遙か向かいを見ると畑の向こうの山裾に標識が見える。道なき田圃の畦を行くと「登山道」の標識あり。ここは日本海が展望できる唯一の地点

ここから竹藪の中を通過すると、やっと山らしくなる。沢沿いの道は昔の人の生活のにおいがする。雑木の中を尾根に出るとここは峠。左折れし尾根の登りは緩やかな道で、最初は雑木、途中から左に植林、右に雑木の細い稜線歩き。山頂手前のピークから一旦下り、急な道を登り返すと山頂だ。

一等三角点がどかっと鎮座。文字側が南と聞いていたが、これは東を向いている。
展望はなく、雰囲気もいまいちで山頂らしくない。少し西に横移動で西峰。このあたりにはウリハダカエデの木が多い。西峰は展望広場と案内標識があったが、樹林の中で南が一部望める程度で展望はほとんどない。平坦な広場でウリハダカエデの木がほとんど・・・だが、どの木も葉はレースのカーテンのように虫食い状態。よく見ると、いるわ、いるわ・・・まわりは青虫だらけ。食事をしていても、次から次に押し寄せる青虫。これにはうんざりで早々退散。この山は、この時期あまりお勧めでる山ではなさそうだ。

下りは往路を下山。
山道入口からは、今度はまっすぐ舗装道路を下り、登山口手前の三叉路にでて、栃山口へ。


今日も山道の周辺には花はみられず。寂しい山登り。
唯一、山頂でヤブレガサが見られただけ。
それでも麓周辺では、カワラナデシコ、コオニユリ、ヒオウギ等が目を楽しませてくれた。




 Photo Report 

沢栃山口登山口・案内標識あり 登山道入口からの日本海展望 尾根登山道
韮草山頂 山頂一等三角点 通称展望広場の西峰山頂
山頂から西峰へのウリハダカエデ樹林 西峰南の展望



 Flower Report 

やはり花はだめでした。W0rking Reportのとおりです。

山道の花 麓の花
山頂のヤブレガサ ヒオウギ カワラナデシコ


もどる