広島・沼田    岳 山   521.5m
DAKEYAMA



山頂は山城跡で歴史を感じさせる静かな山

南東大下側からの遠望


 Walking Report 


[RUTE & TIME]      [REPORT] 
      (高度は参考値)

 下槇原林道登山口(285m)
  ↓ 0:06
 林道終点(305m)
  ↓ 0:25
 姫路峠(400m)
  ↓ 0:20
 ピーク(470m)
  ↓ 0:10
 岳山頂(521.5m)
  ↓ 0:20
 姫路峠(400m)
  ↓ 0:25
 林道終点(305m)

 時間は観察しながらの参考
 
  

親の入院で休日はなにやかと忙しい毎日だったが、少し落ち着いたので近場て゜時間のあまりかからないところということでこの山に決定。

下槇原
バス停を左に岳山を前に見ながら林道舗装終点から歩く。
広島は32度と暑い日で、すぐに汗はびっしょり。
未舗装の林道が終わったところから右に沢を見ながら植林と雑木の混じった山道をいく。こんな日は樹林の中をいくに限る。
花はほとんどないが足下にはカンアオイの葉、ヤマタツナミソウの花の跡が目立つ。
そのうち姫路峠に到着。まっすぐ行けば南側の林道への細々とした道が続いている。右に尾根に沿ってあまりはっきりしているとはいえない踏み跡が西のピークに道が続いている。
ここは、これとは反対の左側へはっきりした登りの道をとる。
急な登りはところと゜ころ倒木もあり、草木ものびてかき分けながら歩く。花はほとんど咲いていないが、唯一アクシバとヤブコウジが群落をつくって小さな花を咲かせていた。
平坦なピークにつくがここは山頂ではなく一旦少し下り、さらに急登を登り切ると平らな山頂には3等三角でがある。昔の山城跡で、周りは樹木で南方の一部が望めるもののほとんど展望はない。

さらに大下側登山口に下る道が南東に延びており、これを5分ほど行くと岩が5.6個露出したピークがある。ここからは東側の展望が開け沼田の町並、武田山から大茶臼山等が一望できる。唯一の展望所だ。
ここで昼食。ゆっくり休憩の後往路を下山。




 Photo Report 

下槇原林道登山口 沢筋登山道 姫路峠
ピーク 山頂三角点 展望所

展望所から、大茶臼山から武田山、西風新都から沼田町の展望



 Flower Report 

夏の里山はほとんど花がない。この山もこれにたがわず花はない。
やっと見られたのはほとんどつぼみだが一部咲いていたヤブコウシ、ちょうど満開で結構多く見られたアクシバくらいである。
少しくだった山麓ではネムの木が特徴のある花がちょうど満開で一段と目をひいた。
チゴユリの群落には、かわいらしい実がたくさんついており足下を気づかいながら歩く。


アクシバ ヤブコウジ チゴユリの実
ネムノキ


もどる