楽しい四季の花観察


   
− 1,339m −



-
SPRING SUMMER
AUTUMN WINTER


大江高山の概要

地質学的にも特徴のある山塊が連なるこの山は、特徴のある急なおわんを伏せたような山々が連なる大江高山火山群の最高峰である。
山頂からの三瓶山から大山、そして日本海の展望もさることながら、特に早春には珍しい貴重な花も見ることができる。
登山ルートはガイドブック等で詳しく記載されているが、一般的には飯谷ルートと山田ルートのいずれかから登る。一度、山辺矢代姫命神社の裏の飯谷に沿って沢を遡上してみたが途中で岩に行く手を阻まれた。
飯谷ルートは厳しい急坂を山頂に向け一気に登るため、山頂への時間は短いが、雨後などは大いに苦労する。途中はほとんど雑木の樹林内であるが、唯一大砲岩方面への分岐で山の南斜面を望むことができる。
山田ルートは尾根沿いに西峰を経由しての稜線歩きだが、飯谷ルートに比べて距離は長いもののどちらかというとこちらの方が楽に登れる。
途中6合目に南側が切り開かれた展望地もあるが、西峰山頂休憩所からは北東側を除き一望でき展望は素晴らしい。それ以外の登山道は殆ど樹林の中。
山頂は北から東が伐採されて展望がよく、一等三角点を中心に広場となっており、夏はカヤが繁りウルシが多いので要注意。
自分としてはこの山は大いに気に入っており再々登ってみたので、四季の草木の花々を紹介しよう。ぜひ、一度は登ってみることを勧めたい。

飯谷山口標識 山頂一等三角点 山田登山口標識


山花四季TOP