広島県廿日市市吉和
シナノキ谷の滝

一の滝

大田川本流が吉和で西北にのびている支流に中津谷川があり、四季折々美しい渓谷美を見せている。
この川の約3km上流で左に分岐しているのが小川である。この沢に沿って林道が続いているが約2kmのところで左にシラクチ谷、右にシナノキ谷に分かれる。シナノキ谷の林道は少し行くと通行でなくなるので沢に下って谷に下って遡上する。まず現れるのが高さ約2mの小滝。まわりの雰囲気もなかなかよい。


二の滝

二の滝上段の滝

さらに遡上していくと下に約4mの小滝、最上流に約10mの滝が続く。この谷では最も大きい滝である。
ここは右岸を巻いて遡上していくと再び平坦な流れの樹林と変る。


三の滝

そしてこの主流に左岸から岩を伝って流れ落ちている約10mの滝がある。滝を巻きながら登っていくと眼の前に望める。


四の滝

さらに少し沢を遡上していくと両岸が岩壁に囲まれたなかに約5mの滝が。どこを登ろうかと思ったが左岸の登りやすいところを探しながら滝上に出た。


五の滝

滝らしい滝の最後は約3mの小滝。これより上流は次第に巾も狭まって広高山の北側を源流としている。


シナノキ谷上流、沢も狭く水量も少なくなる


TOP

15. 5.17