広島県大竹市
傘山の滝



大竹市の傘山南側にある谷和の集落につながる道路沿いの大膳川にある。
国土地理院の地図にも記載されているが、正式の名前はよくわからないので「傘山の滝」とした。
道路沿いから沢は樹林で隠れてよく分からないので地図上から狙いを定めて沢にくだり、これを遡上すると、途中にある堰堤の上流約100mのところにこの滝はあった。
滝は一面なめらで覆われ大きく二段になってなめらの斜面を流れ落ちている。
高さは上段のなめらを4m流れ2m落ち、下段は約4mのなめらを伝って流れ落ちており、全体で約10mの滝であるが、幅も広く約10mはありそうだ。
水は澄んで美しくなかなか感じのよい滝である。名所になっても良さそうだが、車でそばの車道を通っても樹木で見えないためあまり知られていないようだ。


滝前方全景

滝側面

滝上部滝口

上段の滝上部から下部展望 下段の滝上部から下部展望

滝口上部


上流の滝
上流の高さ4mの滝

支流上流の滝 支流下流の滝


TOP

15. 11.29