広島県山県郡高宮町、美土里町
長瀬川の滝


下流の滝

江の川が高宮町で川根で支流をつくっている長瀬川にかかる滝である。
高宮町の川根の集落から島根県羽須美村との境の狭い谷筋を川は流れるが、長瀬川が分岐して約1.5km進んだところで最初に見られるのがこの滝であり、右岸の細い道から遠く見下ろす形で目にはいる。
高さ約4mの滝であるが、本流の広い谷間の岩の間を流れ落ちており水量も多く小さいながらも堂々とした滝である。
滝下には沢の右岸を下って岩を少し歩く。滝上にも岩をまわりこんで行くとができ、長いナメラに沿って滝口に流れて落下する様子を見ることができる。
まわりにはたくさんのキシツツジが狂い咲きしていた。また、最近この滝で不幸があったようでその弔いの品が近くにたくさん置かれていた。


滝口

滝の遠景

滝の周りに多いキシツツジ



上流の滝

長瀬川は島根県との県境を両県に沿って流れているが、ちょうど島根県の県境付近の美土里町大所付近を流れているところにこの滝はある。県内かどうかは定かでないが一応広島県の滝として記載した。
沢の中の岩がちょうど左岸がつき出て右岸寄りが凹んだところを滝となって流れ落ち直ぐに左に流れを変えている。
この滝も高さは約4mであるが水量が豊富でなかなか迫力のある滝である。
滝下には沢に下って左岸を岩伝いに下ると行くことができる。滝上には広い岩のテラスがありこの滝を上からも見下ろすことができる。


滝の側面の流れ 滝上から滝下を見る


滝の遠望


TOP

15. 10.18