広島県山県郡戸河内町
盆徳滝




国道186号線を北に進み、戸河内町の南の猪山への分岐付近で太田川の支流、滝山川に流れ込む沢にこの滝はある。
滝には国道の東側から沢に歩いて下り、沢に沿って遡上すること約300mのところにある。
沢沿いまで下ると右岸をしばらく歩くき道が途切れて一旦石伝いに左岸に渡りこちらを歩く。前方に滝が見えてくると再度石伝いに右岸に渡り、大きな岩のごろごろした沢の岩の間を登ると滝下に行ける。
4段ということだが見える範囲では3段しかよく分からない。上段は高さ約10mの岩壁を一気に流れ落ち大きな岩の右端を中段の約3mの滝となって流れた後、再び約3mの滝となって落ちている。
むかし盆徳という旅僧がこの滝のあたりで修行したことからその名が付いたそうである。
周りの広々とした景観と相まってなかなか見栄えのする素晴らしい滝である。惜しむらくは雨後は堂々とした流れの迫力ある滝が予想されるだけに残念であった。
そして、滝のまわりには多くのダイモンジソウやナギナタコウジュ等色々な花もみられ結構楽しめた。


上段中段の滝

上段の滝

中段の滝

下段の滝

滝の遠景

下流の小滝


TOP

15. 10.12