広島県賀茂郡河内町戸野
観音滝


観音滝上の滝

河内町の西端戸野を流れる沼田川に南側から流れ込んでいる支流にこの滝はある。
滝には、県道33号線が戸野にある栃木の集落を南に進んで田園地帯が切れて山となったところから草におおわれた階段を登って沢に沿って登っていくと右手下の薄暗い樹林の中にこの滝が目に入る。
芸藩通史にある観音滝とのことであるがほとんど知られていない。
滝下へは滑り易い急斜面を注意しながら下とるおりることができる。滝は大きく三つに別れており上の滝は約6mで岩壁に沿って水は流れ落ちている。
その後、約10m緩やかに流れたあと、やや右に曲がって中の滝、その後やや左に曲がって下の滝にと続く。中の滝が上下段合わせて約2.5m、下の滝が約3mの下段の滝となって流れている。
上の滝下から下の滝下へは沢の右端の岩の足場を確認しながら注意して下ればよい。
滝は北向きに樹林で覆われた深い谷底にあり黒く色付いた岩を流れており、しかも日差しも逆光で当たるため暗いイメージのする滝である。
最近雨がふっておらず水量はいまひとつで迫力には欠けていた。


中の滝上段

中の滝

中の滝と下の滝

下の滝

観音滝の全貌(一番奥から上の滝・中の滝・下の滝)


15. 9.27