広島県賀茂郡福冨町竹仁
甲 滝



福富町下竹仁を東に流れる沼田川の南側から流れ込む支流にある滝で、県道33号線沿いにある宮郷の集落から南の谷を約300m沢沿いに進むとこの滝につきあたる。
この滝は芸藩通史にある甲滝とのことであるがほとんど知られていない。
高さ約6mを二筋の流れとなって流れ落ちている。滝口は一つであるが流れる滝の真ん中が隆起しておりその両側にある節理に沿って二つに分かれて流れ落ち、滝壺で再び一つの流れとなっている。
岩は苔むしてなかなか美しいが、残念ながら周囲の雰囲気は倒木も多く滝もいまひとつ栄えない。
滝までは薄い踏み跡もあり、途中倒木が多く歩き難いが適当な所を通って沢沿いを詰めれば容易に到達できる。


滝の遠景


滝口(左と上部に分かれて流れ落ちている) 滝口の上も小滝となっている


15. 5.17