広島県安芸郡倉橋町鳴滝
鳴 滝


登り口付近からの滝遠望


倉橋島の鳴滝というところで瀬戸内海に流れ出ている鳴滝川にかかる滝である。県道285号倉橋大向釣士田港線を鳴滝地区を通ると県道から
南東の山の中腹にこの滝は見える。
滝は目に見える範囲で最下段ぶが約15m。その上に何段にもなって流れている部分が約15m、さらにその上は遠くからみることができないが細いなめらの斜面を流れ落ちている部分が約20mはあるものと思われる
この滝に行くには、滝下へ右岸を詰める道と滝横から滝上に左岸の踏み跡をたどる二つの道があるようだ。
今日は左岸の道を登り、滝上まであがって見た。しかし途中音はすれどあまり滝はみることができず、とうとう滝上のなめらの流れにでてしまった。どうやら滝までずっとなめらが続き節理に沿って急な斜面を流れ、最後に滝となって一気に大きな岩の間を流れ落ちている。
滝に近づこうと試みたが足もとがさっぱり分からない急斜面とシダや雑木に覆われて困難と思われた。
滝まで行って見る滝というより、近くに行っても全体が見えず遠くから見る滝であろう。


登山途中から見た滝


上流の滝

滝口

最下段の滝


右上に上流の滝から、左下に最下段の滝と続く


上流の滝の上も急な斜面を節理に沿って流れ落ちている



TOP

15. 5.19