広島県廿日市市吉和
シラクチ谷の五段滝




太田川に注ぐ中津谷川の支流、冠山を源流とした小川にかかる滝である。
吉和から匹見町につながる国道から小川谷林道にはいり奥出会橋を左に約100m遡上したところにある。
今回は吉和冠山と寂地山に小川谷コースから登ったついでにこの滝を見てきた。
そう特徴のある滝という訳ではないが、滝の基盤岩が古生層の緑色岩にかかる滝として珍しいのだそうである。
1段目は約4m、2段目は約8m、少し離れて傾斜をもった3段目は約5m、4段目は約4m、少し行って5段目が約4mと滝が続いている。
結構長い区間を滝は右に左に曲がりながら流れ落ちており、ひとつひとつの滝はそれ程大規模な滝ではないが、水は山奥から流れでているだけあって澄んで美しい。
この滝からさらに上流やその支流にもいくつかの小さな滝があるが滝下に行くことが難しい。約1km上流の冠山登山道を離れ沢を登ると小滝を見ることもできた。



1段と2段目の滝


3段目の滝


4段目の滝


5段目の滝


登山口上流の滝
登山道を途中沢ルートを行くとある高さ約5mの滝


シラクチ谷五段滝上流の支流の滝
最初の支流の滝 次の支流の滝


TOP

15. 5.17