広島県双三郡君田村
鳴ケ滝


轟音とともに流れ落ちる鳴ケ滝

滝下右岸からの鳴ケ滝 滝下中からの鳴ケ滝

左岸から見た鳴ケ滝


神之瀬川の支流中野谷川にかかる滝である。
神之瀬峡の入口を中野谷に右に折れ林道を進む。最近、この滝の上流に林道から階段が整備され谷には容易に下れるようになった。
これまで自分は、ここを下って谷を遡上したところにも立派な滝がありこれを鳴ケ滝かと思っていた。それにしては歩きにくい沢を大分詰めなくてはならないので不思議に思っていた。
しかし、今回階段の途中から下流をのぞくと上流の滝よりも素晴らしい滝が見られるのが木間から見えるではないか。さっそく横移動して、ほとんど直角に落ちた急斜面を下って滝の横まで行って見たがそれ以上はザイルがないと下ることができず、ここで我慢し写真だけは撮って帰った。
後で地元の人に聞いたところこの滝が鳴滝であることが分かり、初めから分かっていたら何とかして滝下まで下るところであったが、雨もひどくなってきたので仕方なく、また次の楽しみとしていつの日か再度挑戦することとした。今度は沢を下って見ようと思う。
高さは8m、巾6mだそうであるが、見た感じではそれ以上に見え迫力十分の滝である。
昔はたたら製鉄で栄えたという奥深い中野谷も今では全く人影もなく静かな谷に変わっている。そんな谷にかかっているこの滝は、流れがふたつに別れて落ちているなかなか見事な滝である。


後日、林道を沢に下って、さらに下流に向けて右岸に遊歩道がつくられているので、これを下って鳴ケ滝の滝下におりて見た。立派な道がつくられており前回これに気付かなかったのが不思議でたまらない。
二条になって流れ落ちる姿は堂々とした素晴らしい滝であった。



鳴ケ滝滝口


上流の滝
 
鳴ケ滝とこれまで間違っていた上流の滝もなかなかいい滝だ。
全体で約12m、主滝が約8m、上下に2mの滝が続いている。主滝は岩の間を斜め右に向けて落ち、滝下で左に向きを変えて下段の滝を落ちている。このため滝下からは全容は見えず隠れた上段のから流れ落ちる主滝の一部と下段の滝しか見ることができない。



主滝は滝下からは一部が見えるだけ 下段の滝


主滝上部から滝下を見る 上段の滝


下流の支流の滝
本流に流れ込む支流を高さ約10mを流れ落ちている


下流の滝
本流に約5mの高さを岩を挟んで両側を流れ落ちている。


15. 9. 6