広島県比婆郡西城町
牛曳滝


左の谷の滝


江川水系の西城川が皿谷で分岐し六の原川となった支流にかかる滝である。
比婆山県民の森の六の原手前を北に向けて牛曳山への登山道を登っていくと、開けた気持ちの良い雄大な眺めの牛曳谷が続く。この道が谷に突き当たって大きく左にトラバースするところの登山道沿いの斜面にかかっている牛曳山を源流としている滝である。
滝は左右の小さなふたつの谷にあり、左側の滝が大きくて高さは約8mある。右側の滝は高さ約5mと小さく水量も少ない。
滝自体はそれ程でもないが、周りの谷間と木々の緑の雰囲気がよくマッチしており、この滝が見えるとまた違った光景でなかなか素晴らしく見えるから不思議である。



牛曳山の滝遠景


右の谷の滝


11.110.20