広島県山県郡高田郡高宮町
小掛峡の滝


魚切滝


作木村のJR三江線式敷駅から江の川に沿って2.5km上流にある香淀大橋を渡り、高宮町に入る。そのまま進んで江の川支流の田草川に沿って約1.5km行くと「小掛峡」の案内板が道路沿いにある。これを左に曲がって小掛川に沿って進むと道は行き止まりとなる。
この辺りからが小掛峡で川に沿ってさらに奥まで踏み跡は続いている。
滝があるのは、ここからやや上流から下流にかけてである。この上流に魚切滝があるはずなので遡上したが滝と言うより、2m弱の淵と言った方がよい位のものが見られたが、もっと滝らしいのがあるではと15分位沢に沿って登って見たが全くありそうにない。やはりあれが魚切滝だったのかと分かりがっかり。
これより下流は岩に囲まれた渓谷が続くので、一旦道なき斜面を下って沢まで下り、この沢の中をさらに下って行くと二段になった石樋滝がある。上段は2.5mの傾斜の緩いなめら滝、滝壺は立派なペットホールをつくっている。下段は約2mのなめらを流れ落ちているが、上段に比べ滝壺は小さい。



石樋滝
石樋滝上段

石樋滝上段滝口から見た滝壺

石樋滝下段

石樋滝下段滝口から滝壺 はんげき淵


さらに下流には小さな淵が続いた後、高さ3.6mの狐崖滝がある。
右に左に岩の間を縫って落ち、最後に1.2mの緩やかな斜面を流れおちて立派な滝壺をつくっている。
この谷は、あまり大きな滝はないが、水は澄んでなかなか気持ちよく楽しめるいい渓谷である。



狐崖滝
狐崖滝全景

狐崖滝上部


TOP

03.4.13