呉市広町
白糸滝



灰ケ峰の東の江ノ藤山を源流として東麓に流れる小滝川にかかる滝で、呉市の広町から北へのびる広大川をつり橋の小滝橋を渡り、西の山裾に向け谷川に沿って少急な坂道を登と観音堂。さらに100m進むと前方に切り立った断崖がある。40mの落差を一気に流れ落ちており、見応えのある滝である。
これを見た時期がちょうど冬で水量はいまひとつであったが、滝壺に落ちる滴が氷滴をつくっていたのが印象的だった。TVでも放映されていたが、寒波が訪れるとこのような眺めが見られるようだ。


滝上部 滝下部

滝下


H16. 1.24